近日上映作品

ジャン=ポール・ベルモンド傑作選2

10 / 1 [金] 公開

株主ご招待券不可 株主提示割引証不可 株主特別価格設定有

さらに面白く、もっとカッコいい。
決定版にして最高傑作が勢揃い!

2020年秋、「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」が上映された全国の劇場で「次に観たいベルモンド出演作」を募る‟ベルモンド映画総選挙"を実施しました。その投票結果をもとに、ベストテン入選作の中から断トツの1位を獲得したベルモンド映画の決定版にして最高傑作の呼び声高い『リオの男』をはじめ、同じくド・ブロカ監督のカルト的人気作『カトマンズの男』、‟幻の傑作"として伝説化している『相続人』、そして、惜しくもベストテン圏外ながら、ベルモンドがナチスと闘う知られざる戦争アクションの傑作『エースの中のエース』、さらに、『リオの男』へのセルフオマージュ満載で贈るド・ブロカ監督との最後のコンビ作であり、本邦初お披露目となる『アマゾンの男』の5作品を取り揃え、いずれもHDリマスターの高画質、松浦美奈さんによる完全新訳による日本語字幕版で待望の「傑作選」第2弾をお届けします。


特別料金:1,400円均一
※株主優待券・招待券 使用不可
※各種割引サービス 適用不可(ハンディキャップ割引を除く)


2021年9月6日
ジャン=ポール・ベルモンドさんが亡くなられました。
享年88歳。
彼が映画界に遺した功績と名作の数々は永遠に不滅です。

【上映作品】

main1024-640.jpg

リオの男

「大盗賊」のジャン=ポール・ベルモンドとフィリップ・ド・ブロカ監督が再タッグを組んだ傑作アクションコメディ。フランス空軍パイロットのアドリアンは1週間の休暇をもらい、恋人アニエスに会うためパリへやって来る。しかし博物館に展示されていたアマゾン古代文明の土像の盗難事件に伴い、土像の発見者の娘であるアニエスが誘拐されてしまう。犯人がアニエスをブラジル行きの飛行機に乗せようとしているのを発見したアドリアンは、とっさにその飛行機に乗り込む。盗まれた土像は全部で3体あり、すべてそろえれば財宝の隠し場所がわかると言い伝えられていた。アドリアンは土像の秘密を暴いてアニエスを無事救出するべく奔走するが……。ヒロインのアニエス役に「ロシュフォールの恋人たち」のフランソワーズ・ドルレアック。1963年製作で、日本では64年に初公開。

(メイン)カトマンズの男1024-640.jpg

カトマンズの男

世界的ヒット作「リオの男」の主演ジャン=ポール・ベルモンドと監督フィリップ・ド・ブロカをはじめ主要スタッフが再結集し、ジュール・ベルヌの小説「必死の逃亡者」を原作に壮大なスケールで描いたアクションコメディ。父から莫大な遺産を相続したアルチュールはあらゆる快楽に飽き、退屈のあまり自殺を試みるが失敗する。彼は父の友人だった中国人ゴオの勧めで世界一周の船旅に出るが、寄港先の香港で、株の大暴落により自身が破産したことを知る。これで心置きなく自殺できると喜ぶアルチュールに、ゴオは有意義に死ぬべきだと多額の生命保険をかけ、1カ月以内に殺してあげようと約束。そんな矢先、アルチュールは香港でストリッパーのアルバイトをしていた社会学者アレクサンドリーヌに一目ぼれし、死ぬのが惜しくなってしまう。アレクサンドリーヌ役に「007 ドクター・ノオ」で初代ボンドガールを演じたウルスラ・アンドレス。1965年製作で、日本では65年に初公開。

(メイン)相続人(サブ1-)1024-640.jpg

相続人

フランスを代表するアクション俳優ジャン=ポール・ベルモンドが主演を務め、巨大企業の御曹子が恐ろしい陰謀に巻き込まれていく姿を通し、抗争と謀略に満ちた国際経済の闇を描いたポリティカルサスペンス。新聞社と鉄鋼会社を経営するヨーロッパ屈指の巨大企業コーデル・グループの社長ユーゴ・コーデルが、飛行機事故で死亡した。ユーゴの1人息子でアメリカ支社の代表を務めるバートはフランスに呼び戻されるが、空港で麻薬不法所持の疑いを掛けられてしまう。それは、彼が相続するはずの遺産と権力を巡る巨大な陰謀の始まりに過ぎなかった。バートはグループ企業を自身の経営方針で大胆に刷新すると同時に、両親の死に不審を抱き調査を開始。やがて、グループ乗っ取りを狙う勢力の意外な黒幕が明らかになる。1973年製作・公開。

(メイン)エースの中のエース1024-640.jpg

エースの中のエース

「大頭脳」のジャン=ポール・ベルモンドとジェラール・ウーリー監督が23年ぶりにタッグを組んだ戦争アクションコメディ。1936年、ナチス政権下のドイツで、ベルリンオリンピックが開幕。第1次世界大戦でフランス空軍のパイロットとして名を馳せたジョーは、退役後にボクシングの指導者となり、フランス代表チームのコーチとしてドイツへ行くことに。列車の中で記者からユダヤ人少年を祖父の元へ送り届けるよう依頼された彼は、オリンピックそっちのけでユダヤ人たちを国外へ逃がすことに奔走。オーストリアへ脱出するべくアルプスの国境を目指すが、方角を間違えてヒトラーの別荘にたどり着いてしまう。「パリは燃えているか」のギュンター・マイズナーがヒトラーと妹アンゲラの2役を演じた。ウーリー監督の娘で、後に「シェフと素顔と、おいしい時間」などでメガホンをとるダニエル・トンプソンが脚本に参加。

(メイン)アマゾンの男(メイン)1024-640.jpg

アマゾンの男

ジャン=ポール・ベルモンドとフィリップ・ド・ブロカ監督が「ベルモンドの怪盗二十面相」以来25年ぶりにタッグを組み、2人の代表作である「リオの男」へのセルフオマージュ満載で描いた冒険アクションコメディ。アマゾン流域の熱帯雨林で昆虫の調査研究をしているフランス人生物学者エドゥアールは、ジャングルの中で不思議な少女ルルと出会う。エドゥアールは迷子だと判断し保護するが、ルルはニューヨークへ行くはずがここに来てしまったと話す。その頃、エドゥアールが住む街に、フランス海軍の特殊部隊と天文学者マルゴがやって来る。彼らはアマゾン流域に着陸したUFOの痕跡を追っていた。ルルが地球外生命体だと知ったエドゥアールは、マルゴと共に軍から彼女を守りつつ、ルルが地球に来た目的を果たす手助けをするが……。天文学者マルゴ役に「海辺のポーリーヌ」のアリエル・ドンバール。