上映中作品

PG12 144分 日本

2023年、世に問うべき大問題作が放たれる――
実際の障害者殺傷事件に着想を得て発表された小説を映画化

太陽が見えないほど、深い森の奥にある重度障害者施設「三日月園」。ここで新しく働くことになった堂島洋子は元・有名作家だ。東日本大震災を題材にしたデビュー作の小説は世間にも評価された。だがそれ以来、新しい作品を書いていない。彼女を「師匠」と呼ぶ夫の昌平は人形アニメーション作家だが、その仕事で収入があるわけではない。経済的にはきつい状況だが、それでも互いへの愛と信頼にあふれた二人は慎ましく暮らしを営んでいる。

施設職員の同僚には作家を目指す坪内陽子や、絵の好きな青年さとくんらがいた。洋子は昌平ともども、妹や弟のように年齢の離れた彼らと親しくなる。そしてもうひとつの大切な出会いがあった。洋子と生年月日が一緒の入所者、"きーちゃん"だ。光の届かない部屋で、ベッドに横たわったまま動かない"きーちゃん"のことを、洋子はどこか他人に思えず親身になっていく。

そんな折、洋子の妊娠が判明した。高齢出産になることもあり、彼女は産むという選択にひとり不安を覚える。

施設の仕事にはだんだん慣れてきたものの、しかしこの職場は決して楽園ではない。洋子は他の職員による入所者への心ない扱いや暴力、虐待を目の当たりにする。だが施設の園長は「そんな職員がここにいるわけない」と惚けるばかり。障害者たちの人間らしい生活を支援するはずのこの場所で、不都合な現実の隠蔽がまかり通っているのか。
そんな世の理不尽に誰よりも憤っているのは、さとくんだ。
彼の中で増幅する正義感や使命感が、やがて怒りを伴う形で徐々に頭をもたげていく。特に、誰も入ってはいけないと言われている"高城さん"の入所部屋――その扉を開けてしまった時、さとくんの中で何かが一線を超えてしまう。
「やっと決心がつきました。頑張ります。この国のためです。意味のないものは僕が片づけます」
そして、その日はついにやってくる――。

監督・脚本
:石井裕也
出演
:宮沢りえ 、磯村勇斗、長井恵里、大塚ヒロタ、笠原秀幸、板谷由夏、モロ師岡、鶴見辰吾、原日出子、高畑淳子、二階堂ふみ、オダギリジョー
原作
:辺見庸『月』(KADOKAWA)