トピックス

イベント2019 / 6 / 1 [土]キネカ大森

『キネカ大森35周年記念生誕祭』開催決定!

logo.jpg

日本初の複合映画館“シネマコンプレックス”として1984年にオープンしたキネカ大森。皆様のおかげで今年で開館35周年を迎えることができました。
日頃のご愛顧に感謝を込めて、キネカ大森誕生と同じ1984年に製作された珠玉の名作8作品を上映いたします。これからも、世代を問わずすべての映画ファンの皆様に喜んでいただける作品をお届けしてまいります。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております!

【開催期間】
7月5日(金)~7月11日(木)

【チケット】
全席指定席制

※販売開始日は決定次第、お知らせいたします。

【料金】
一般、大学・専門生:1,500円

※各種割引、サービスデー適用可
※株主優待券、各種鑑賞券、ご招待券はご使用いただけません。予めご了承ください。

【上映スケジュール】

※クリックで拡大します。

【上映ラインナップ】

hp-main.jpg

①『Wの悲劇』

監督・脚本:澤井信一郎
原作:夏樹静子
出演:薬師丸ひろ子、世良公則、高木美保、志方亜紀子、蜷川幸雄、三田村邦彦、三田佳子
1984年/日本/108分
© KADOKAWA1984

女優――あんたは、私の踏み台よ。
劇団研究生として女優を目指す静香は、劇団の次回公演「Wの悲劇」で準主役の娘役を熱望するが、オーディションで落選し、彼女に与えられたのはメードという小さな役だった。公演初日の夜、主演の看板女優・翔の部屋を訪ねた静香は、部屋の中で翔のパトロン堂原が死んでいるのを目撃。事故死とはいえ、このスキャンダルは翔には命取りだ。翔は静香に、自分の身代わりになれば自分の権限で娘役を静香に交代させると持ちかけるが?


hp-main.jpg

②『お葬式』

監督・脚本:伊丹十三
出演:山崎努、宮本信子、菅井きん、大滝秀治、奥村公延、財津一郎、江戸家猫八(3代目)、友里千賀子、尾藤イサオ、岸部一徳
1984年/日本/124分/35mmフィルム
© 1984 伊丹プロダクション

笑いながら、あれ、なぜか涙が――
俳優・伊丹十三の記念すべき監督デビュー作にして大ヒットを記録した傑作コメディ。突然、妻の父がなくなったことで初めてお葬式を出すことになった一家の途方に暮れるさまと、お葬式に集まった多彩な人々の生態をアイロニーを交えてユーモラスに描く。俳優の夫婦である井上佗助と雨宮千鶴子は、二人でCF撮影中に千鶴子の父の訃報を聞く。さっそく家族で父のいた別荘へ向かった佗助だったが、お葬式を出すのは初めてとあって、何もかも勝手が分からないことばかりだった……。


hpサブ1.jpg

③『ストリート・オブ・ファイヤー』

監督:ウォルター・ヒル
出演:マイケル・パレ、ダイアン・レイン、リック・モラニス、エイミー・マディガン、デボラ・バン・フォルケンバーグ
1984年/アメリカ/Streets of Fire/94分
© 1984 Universal Studios. All Rights Reserved.

80年代を代表する伝説のロックンロール映画が帰ってきた!男は、無法者たちの手から愛した女を救えるのか…!?
ロック歌手のエレンが地元凱旋ライブ中にストリートギャング“ボンバーズ”に誘拐された。久々 に街に戻ってきた流れ者のトム・コーディは、元恋人エレン拉致の事実を知り、偶然出会った陸軍あがりの女兵 士マッコイとともにボンバーズのアジトを急襲、エレンを救い出した。面目を潰されたボンバーズのボス、レイ ヴンはトムに決闘を申し込み、街に仲間とともになだれ込んできた。レイヴンとトムの一騎討ちの死闘。壮絶な 対決の末、トムが勝利した。この出来ごとに恋心が再燃したエレンとトム。エレンは復縁を申し出るが、トムは また街を去ることを決めていた。


hp-main.jpg

④『ときめきに死す』

監督:森田芳光
出演:沢田研二、杉浦直樹、樋口可南子、岡本真、日下武史
1984年/日本/105分
© 1984ニュー・センチュリーズ・プロデューサーズ

見ず知らずの三人が同居して…、何をしに来ているのだろう。
歌舞伎町の医者を自称する男は、謎の組織から若い男の世話を引き受ける。男は暗殺者で、暗殺指令を待っていた。田舎町の別荘で暮らす2人に、ある日、組織から若い女が派遣される。3人の共同生活が始まり、その中で女はやがて暗殺者を愛するように。しかしそれも束の間、暗殺司令が下り、暗殺者は犯行予定地へ向かう。丸山健二の同名小説を基に、大幅にストーリーを改変し、森田芳光らしいセリフの構成、空間の処理などが施された優れた異色作。


hp-main.jpg

⑤『ネバーエンディング・ストーリー』

監督:ウォルフガング・ペーターゼン
原作:ミヒャエル・エンデ
出演:バレット・オリバー、ノア・ハザウェイ、タミー・ストロナッハ、アラン・オッペンハイマー
1984年/西ドイツ・イギリス/THE NEVERENDING STORY/94分
© 1984 Neue Constantin Film Produktion GmbH. All Rights Reserved.

いま、限りなく壮大な物語が宇宙を駆け抜ける――。さあ、オメガ・ファンタジーの旅へ!
父親と暮らす少年バスチアンは、ある日いじめっ子達から逃げていた途中に入った古本屋で立派な装飾を施した一冊の本を見つける。表紙に「はてしない物語」と書かれたその本の世界、「ファンタージェン」には、猛スピードで動くカタツムリのパスタ、夜魔を乗せて飛ぶ巨大コウモリのブーブ、石を食べる大きな怪物ロック・バイター、底なし沼に棲む巨大な老亀モーラ、空飛ぶ白い竜ファルコンなどの奇想天外なクリーチャーが生息していた。そして原因不明の病に侵された幼き女王“幼ごころの君”を救うために選ばれた勇敢な少年アトレーユ。彼が荒野を駆け巡る冒険の世界に魅了され、誰も居ない校舎で一人読み進めるバスチアンだったが…。


hp-main.jpg

⑥『パリ、テキサス』

監督:ヴィム・ヴェンダース
出演:ハリー・ディーン・スタントン、ナスターシャ・キンスキー、ハンター・カーソン、ディーン・ストックウェル
1984年/フランス・西ドイツ/PARIS,TEXAS/146分
© 1984 REVERSE ANGLE LIBRARY GMBH, ARGOS FILMS S.A. and CHRIS SIEVERNICH, PRO-JECT FILMPRODUKTION IM FILMVERLAG DER AUTOREN GMBH & CO. KG

荒野の果てに何があるのか――トラヴィスは歩き続ける。
84年度カンヌ国際映画祭パルムドール賞受賞、ロードムービーの最高傑作!記憶を失い、荒野をひとり彷徨う男トラヴィス。4年間失踪し続けた理由とは?息子との絆を取り戻し妻への愛を貫く男が夢見た、“パリ、テキサス”。音楽をライ・クーダー、撮影はロビー・ミュラーが担当、ヴェンダース監督の代表作。


hp-main.jpg

⑦『冬冬の夏休み』

監督:ホウ・シャオシェン
出演:ワン・チークアン、リー・ジュジェン、グー・ジュン、メイ・ファン、ティン・ナイチュ
1984年/台湾/冬冬的暇期/98分
© A MARBLE ROAD PRODUCTION, 1984 Taiwan

ふるさとの夏は思い出の玉手箱
1984年夏、母親が病気に入院し、父親がその看病に付かなくてはいけなくなった冬冬(トントン)は妹の婷婷(ティンティン)を連れて、夏休みの期間中、祖父母の家に預けられることになった。目的地の銅鑼駅に降り立った二人を待っていたのは村の少年たち。阿小國を初めとする少年たちは冬冬のリモコンカーがうらやましく、冬冬と婷婷には少年たちの捕まえた亀が珍しい。早速、仲良くなった友だちがこれからの楽しい夏を予感させる。そして一見厳しいが孫思いの祖父との交流、仲間たちとの川遊び、村で起きた強盗事件、少し頭が弱いが婷婷を救ってくれた寒子(ハンズ)との出会い…田舎でのひと夏の経験は、冬冬と婷婷の心に忘れられない宝物を残してゆく―


hp-main.jpg

⑧『麻雀放浪記』

監督・脚本:和田誠
原作:阿佐田哲也
出演:真田広之、鹿賀丈史、大竹しのぶ、加賀まりこ、高品格、名古屋章
1984年/日本/109分
© 1984角川映画

本物のろくでなし、あんたに惚れた
敗戦直後の上野。通称チンチロ部落へ踏み入ったときから、17歳の少年・哲也、のちに“坊や哲”の異名をとる雀ゴロのギャンブラー人生が始った。その世界で名の通ったプロであるシャレ者のドサ健、その女まゆみ、アメリカ兵相手の秘密カジノ「オックス・クラブ」のママ、魔術師的な打ち手出目徳ら個性的な人々との出会いを通して、アウトローの世界で友情を求め、愛を賭け、人生を学んでいく。