トピックス

イベント2020 / 4 / 6 [月]キネカ大森

特集上映「鬼才ポン・ジュノの世界!」開催決定!【6.2更新】

hp_チラシ表.jpg

世界がその才能を絶賛する韓国の鬼才ポン・ジュノ。最新作『パラサイト 半地下の家族』で、韓国映画初となるカンヌ国際映画祭パルムドールとアカデミー賞作品賞を受賞し、世界各国で記録を塗り替える爆発的ヒットを飛ばしている。
コメディ、サスペンス、アクション、SF――映画のすべてが詰まった超一流エンターテインメント!あらゆるジャンルを融合させたポン・ジュノ ワールドをスクリーンで体感せよ!

【開催期間】
2020年6月12日(金)~7月9日(木)

【上映スケジュール】
6月12日(金)~6月18日(木)『ほえる犬は噛まない』
6月19日(金)~6月25日(木)『スノーピアサー』
6月26日(金)~7月2日(木) 『母なる証明』
7月3日(金)~7月9日(木) 『殺人の追憶』

【料金】
一般、大学・専門生:1,400円/シニア:1,200円

※各種割引、サービスデー適用可
※『パラサイト 半地下の家族』当日券(有料)半券、未使用ムビチケカードのご提示で1,200円(劇場窓口のみ)

【上映ラインナップ】

hp_母main.jpg

『母なる証明』

監督:ポン・ジュノ
出演:キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン
2009年/韓国/129分/PG12
© 2009 CJ ENTERTAINMENT INC.

母ひとり子ひとりで懸命に生きてきた親子。ある日、女子高生の惨殺死体が発見され、息子が容疑者として拘束されてしまう。息子の疑惑を晴らすため、母親はたった一人で真犯人を追っていく…。子を想う母の“無償の愛”を通じ、“人間の真実”をスリリングに描き出すヒューマンミステリーの傑作!


hp_殺人の追憶main.jpg

『殺人の追憶』 デジタルリマスター版

監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、キム・サンギョン、キム・レハ、ソン・ジュホ、ピョン・ヒボン、パク・ノシク、パク・ヘイル、チョン・ミソン
2003年/韓国/131分/PG12
© 2003 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

1986年、ソウル近郊の農村で若い女性の変死体が発見された。その後も同じ手口の連続殺人事件が発生。現地には特別捜査本部が設置され、地元の刑事パク・トゥマンとソウル市警から派遣されたソ・テユンがこの難事件に挑む。性格も捜査方法も対称的な二人は衝突しながらも、ついに有力な容疑者を捕らえるのだが…。


hp_ほえる犬1.jpg

『ほえる犬は噛まない』

監督:ポン・ジュノ
出演:ペ・ドゥナ、イ・ソンジェ、キム・ホジョン、コ・スヒ、ピョン・ヒボ
2000年/韓国/110分
© 2013 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

中流家庭の人々が住む閑静なマンション。飼うことを禁止されているはずの犬の鳴き声がマンション内に響き渡り、うだつの上がらない大学の非常勤講師ユンジュはイラついていた。やがて起きる小犬失踪事件…。一方、マンションの管理事務所で働くヒョンナムは平凡で退屈な毎日を送っていた。そんな時、団地に住む少女の愛犬ピンドリがいなくなったと知り、小さな正義感に火がつきビラ貼りを手伝い始めるのだった…。


hp_【メイン】スノーピアサー.jpg

『スノーピアサー』

監督:ポン・ジュノ
出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、オクタヴィア、スペンサー、ジェイミー・ベル、ユエン・ブレムナー、コ・アソン、ジョン・ハート、エド・ハリス
2013年/韓国、アメリカ、フランス/125分/PG12
© 2013 SNOWPIERCER LTD.CO. ALL RIGHTS RESERVED

2014年7月、地球の温暖化を防ぐため化学薬品が撒かれた結果、地球は新たな氷河期に突入した。それから17年が経った2013年。地球上を走る列車「スノーピアサー」が、生き残った人類にとって唯一の生存場所だった。最後の人類を乗せたこの「ノアの箱舟」は、先頭車両に乗る上流階級によって支配され、後方車両の乗客は奴隷のような扱いを受けていた―。