近日上映作品

ナショナル・シアター・ライブ アンコール冬祭り2020 inシネ・リーブル池袋

12 / 18 [金] 公開

株主ご招待券不可 株主提示割引証不可 英国

「もうすぐクリスマスだけど何しようかな?」「年末年始予定ないな〜」 と、思っていた皆様に朗報です!

シネ・リーブル池袋での年末年始NTLiveアンコール祭りが実施決定しました。 今年の話題作『リーマン・トリロジー』と今最も旬なクリエーター、フィービー・ウォーラー=ブリッジが贈る『フリーバッグ』、久々のアンコールになる『誰もいない国』など、また観たかった作品が戻ってきます!演劇の今年の見納め、来年の見初めとして、ナショナル・シアター・ライブをお楽しみください。

【上映期間】
12/18(金)~1/14(木)(※1/1(金祝)元旦は休館)
*上映作品のタイムテーブルなど詳細は決まり次第随時発表いたします。

【料金】
一般 3000円、学生 2500円(要学生証提示)、障害者割引 2500円(要手帳提示)
※シニア・夫婦50割引等の各種割引適用外
※招待券・株主優待券 使用不可


【上映作品】

①リーマン・トリロジー

リーマントリロジー.jpg

作:ステファノ・マッシーニ
翻案:ベン・パワー
演出:サム・メンデス
主演:アダム・ゴドリー、サイモン・ラッセル・ビール、ベン・マイルズ

世界的な投資家リーマン一家が米国に移住した1844 年から2008年のリーマン・ショックが起こるまでの3世代にわたる栄光と衰退を描く舞台で、ナショナル・シアター上演時にはチケット完売を記録した注目作。主演の3人が約3時間にわたり、150 年以上にわたるリーマン家の歴史を演じ切る。

②フリーバッグ ※R15+

フリーバッグ.jpg

作:フィービー・ウォーラー=ブリッジ
演出:ヴィッキー・ジョーンズ
主演:フィービー・ウォーラー=ブリッジ

​アマゾンで配信中のドラマ「フリーバッグ」の元になった舞台。
ドラマは2019 年テレビ批評家協会賞でプログラム・オブ・ザ・イヤーを含む3部門を受賞し、同年エミー賞では11 部門にノミネートされた。イギリスでは主演の衣裳や小物の検索率が34~38%増加し、その人気は“フリーバッグ・エフェクト”とも呼ばれた。
ドラマで知名度が上がった舞台版の映像上映は、日本のNTLive ファンからも期待の声がとても多かった。
皮肉屋で常識外れのシングル女性を主人公にした、心に深く刺さるドラマ。

③誰もいない国

誰もいない国.jpg

作:ハロルド・ピンター
演出:ショーン・マサイアス
出演:イアン・マッケラン、パトリック・スチュワート、オーウェン・ティール、ダミアン・モロニー

ある夏の午後、パブで飲んでいた年老いた作家ハーストとスプーナーは酒が進むにつれ会話が誇張され、事実と空想の境が分からなくなっていく。やがてパワーゲームと化した彼らのやり取りは、二人の若者の登場でより複雑になっていく――。ノーベル文学賞に輝いた劇作家ハロルド・ピンターの1975年初演作。過去の背景や現在の関係性、力関係の分からない男たちの会話劇で、“イギリスの宝”ともいうべき名優イアン・マッケランとパトリック・スチュワートが競演。超豪華な二人の演技対決は必見だ。

④コリオレイナス

コリオレイナス.jpg

主演コリオレイナス役に『アベンジャーズ』や『マイティ・ソー』で一躍世界の人気俳優となったトム・ヒドルストンを迎え、人気ドラマシリーズ『SHARLOCK(シャーロック)』に出演するマーク・ゲイティスがメニーニアス役を演じる。演出はドンマー・ウエアハウスの芸術監督ジョシー・ルーク。原作はシェイクスピアが政治の陰謀と復讐を描いた悲劇。

⑤リア王

リア王.jpg

作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:ジョナサン・マンビィ
出演:イアン・マッケラン

シェイクスピアの四大悲劇の一つ。退位にあたり3人の娘の愛情を試した老王リアだったが、長女と次女に裏切られ、国を追われてしまう――。パトリック・スチュアート共演の『誰もいない国』での好演も記憶に新しい名優イアン・マッケランが、NTLiveに再び登場! 圧倒的な演技力と存在感で老王リアが辿る悲しい末路を体現する。演出を手掛けるのは堤真一主演の『民衆の敵』など日本でも活躍するジョナサン・マンビィ。

⑥フランケンシュタイン(カンバーバッチ 怪物版) ※R15+

フランケンシュタイン博士.jpg

ベネディクト・カンバーバッチ as 怪物役バージョン

演出:ダニー・ボイル
作:メアリー・シェリー
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、ジョニー・リー・ミラー
音楽:アンダーワールド

ローレンス・オリヴィエ賞で見事に主演の2人ベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーが主演男優賞を同時受賞した傑作舞台。有名すぎるメアリー・シェリーの原作ですら、アカデミー賞監督ダニー・ボイルが演出すると今まで見たことのない新しい世界へと生まれ変わり、怪物の抱えた心の動きにグイグイ引き込まれること、間違い無し。

⑦フランケンシュタイン(カンバーバッチ 博士版)※R15+

フランケンシュタイン博士.jpg

ベネディクト・カンバーバッチ as 博士役バージョン

演出:ダニー・ボイル
作:メアリー・シェリー
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、ジョニー・リー・ミラー
音楽:アンダーワールド

ローレンス・オリヴィエ賞で見事に主演の2人ベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーが主演男優賞を同時受賞した傑作舞台。有名すぎるメアリー・シェリーの原作ですら、アカデミー賞監督ダニー・ボイルが演出すると今まで見たことのない新しい世界へと生まれ変わり、怪物の抱えた心の動きにグイグイ引き込まれること、間違い無し。

⑧橋からの眺め

橋からの眺め.jpg

作:アーサー・ミラー
演出:イヴォ・ヴァン・ホーヴェ(2015年ローレンス・オリヴィエ賞最優秀演出賞受賞)
主演: マーク・ストロング

シシリア系の違法移民である従兄弟家族を受け入れた主人公だが、溺愛する姪がその違法移民の一人と恋に落ちたことから悲劇が起こる・・・。上演後、各紙から絶賛されてチケットが瞬く間に売れたヒット作。「イミテーション・ゲーム」や「裏切りのサーカス」で印象に残るマーク・ストロングの演技力は舞台上でも輝き、彼が本物のスター俳優であることを証明した一作となった。本作でオリヴィエ賞を受賞したイヴォ・ヴァン・ホーヴェは、今最も注目が集まる才能ある演出家の一人だ。

⑨みんな我が子

みんな我が子.jpg

作:アーサー・ミラー
演出: ジェレミー・ヘリン
出演:サリー・フィールド、ビル・プルマン ほか

アメリカ現代演劇を代表する劇作家アーサー・ミラー(1915―2005)の1947年初演作。一見円満そうな家族の崩壊を描く。戦争特需によって事業を成功させた工場主と、次男の戦死を受け入れられない妻。そんな二人の前に恐るべき秘密を知る人物が現れて……。映画「インデペンデンス・デイ」でおなじみのビル・プルマンと、オスカー女優サリー・フィールド(「ノーマ・レイ」「プレイス・イン・ザ・ハート」)が主演を務める。