近日上映作品

日の丸 寺山修司40年目の挑発

2 / 24 [金] 公開

87分 日本

TBSドキュメンタリー史上最大の問題作が、半世紀の時を経て現代に蘇る

1967年2月9日、劇作家の寺山修司が構成を担当し、街頭インタビューのみで構成されたドキュメンタリー番組『日の丸』がTBSで放送された。街ゆく人々に「日の丸の赤は何を意味していますか?」「あなたに外国人の友達はいますか?」「もし戦争になったらその人と戦えますか?」といった、人々が普段考えないような本質に迫る挑発的な質問を、次々とインタビューしていく。放送直後から抗議が殺到、閣議でも偏向番組、日の丸への侮辱として問題視され、郵政省電波管理局がTBSを調査するに至った曰くつきの番組である。「現代に同じ質問をしたら、果たして?」ドラマ製作部所属で、本作が初ドキュメンタリーとなる若干28歳のテレビディレクター佐井大紀は、2つの時代を対比させることにより「日本」や「日本人」の姿を浮かび上がらせようと、自ら街頭に立った。

監督
:佐井大紀
キャスト
:高木史子、村木眞寿美、金子怜史、安藤紘平