近日上映作品

バンクシーを盗んだ男The Man Who Stole Banksy

8 / 11 [土] 公開

90分 イタリア

  • 2018トライベッカ国際映画祭正式出品作品

現代のロビン・フッドが仕掛ける、小さくて大きなアート革命。

2007年、バンクシーは世界で最も危険な紛争地帯パレスチナに潜入。そして西岸地区の分離壁に残したのが傑作「ロバと兵隊」。
それが地元の怪しげなビジネスマンの手により壁からくり抜かれ、盗まれたことから全てが始まるー。コペンハーゲン、ロンドン、ロサンゼルスとバンクシーが描いた壁画は世界を旅しながら、アート収集家、弁護士、アーティスト、犯罪学教授、キュレーター、写真家、人類学者、政治家、警察官を巻き込み大論争になっていく・・・
地元の顔役、すると地元のタクシー運転手がこの壁画をくり抜き、インターネットオークション「eBay」に出品。それを機に、文化的対立、芸術、アイデンティティー、窃盗、闇市場などが絡み合う問題が勃発。本作はそんな事態に密着したドキュメンタリー。

監督
:マルコ・プロゼルピオ
脚本
:フィリッポ・ペルフィド、クリスチャン・オモデオ
出演者
:ワリド・“ザ・ビースト”、マイケル・カナワッティ、スティーブン・ケスラー、パオロ・ブッジャーニ