近日上映作品

ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇

6 / 3 [金] 公開

90分 アメリカ

奴隷労働5年、7年、12年…
今⽇も東南アジアの海で「海の奴隷」が私たちの⾷卓に並ぶ⿂を捕っている。

あなたの買っているシーフードやペットフードは「海の奴隷」が捕ったものかもしれない。信じられないかもしれないが、現代にも奴隷が存在しており、世界有数の⽔産⼤国であるタイには、⼈⾝売買業者に騙されるなどして漁船で奴隷労働者として働かされている「海の奴隷」が数万⼈存在するといわれている。⽇本は決して無関係ではない。タイの⽔産物輸⼊で世界第⼆位の⽇本は、タイからツナ⽸、エビ、そして養殖⽤の⿂粉などを輸⼊しているが、キャットフードに⾄っては約半分がタイ産だ。安価な⽔産物の裏で犠牲になっているのがタダ同然または無給で働かされている「海の奴隷」の存在だ。彼らを救い、奴隷労働を終わらせるためパティマ・タンプチャヤクル(2017 年ノーベル平和賞ノミネート)たちが命がけの航海へと出発する。

監督
:シャノン・サービス、ジェフリー・ウォルドロン
キャスト
:パティマ・タンプチャヤクル、トゥン・リン、チュティマ・シダサシアン(オイ)