近日上映作品

ザ・ローリング・ストーンズ ロックンロールサーカス 4Kレストア版The Rolling Stones Rock and Roll Circus

8 / 19 [金] 公開

66分 イギリス

ロックン・ロールの青春がその頂点で連帯した夢の祭典

「ロックン・ロールとサーカスの融合」を目指してローリング・ストーンズが企画・製作し彼らがホスト役も務めたライヴイベント。その撮影は、スウィンギング・ロンドンの真っただ中1968年12月の2日間で行われた。ストーンズは最高傑作アルバム『ベガーズ・バンケット』を出したばかりで、その中の代表作<悪魔を憐れむ歌>を歌うジャガーのパフォーマンスはバンド史上でも傑出している。ジョン・レノンがエリック・クラプトン、キース・リチャーズらと組んだ、この時だけのためのバンド「ザ・ダーティ・マック」は、ジョンがビートルズ以外のメンバーと組んで初めて行ったライヴ。ジョンとオノ・ヨーコのセッションも公の場では初。また、ストーンズのリーダーだったブライアン・ジョーンズはこの撮影の半年後に27歳で亡くなり、これがストーンズとしての最期のパフォーマンスとなった。しかしロックン・ロール高揚の頂点を記録したこのフィルムは諸事情により、1996年までの28年間放置されたまま幻と化していた。今回上映するのは、2019年4Kでレストアされた最新版。監督は、ビートルズのドキュメンタリー映画『レット・イット・ビー』のマイケル・リンゼイ=ホッグ。

監督
:マイケル・リンゼイ=ホッグ
キャスト
:ミック・ジャガー、ブライアン・ジョーンズ、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ビル・ワイマン