トピックス

イベント2018 / 8 / 15 [水]シネ・リーブル梅田

3年ぶりに完全復活!『シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2018』開催決定!!

映画祭ロゴ1024-x-640.png

雌伏の時を経て、ファンタスティック映画の祭典が帰ってきた!

SF,ホラー、サスペンスなどのジャンル映画の祭典として「世界三大ファンタスティック映画祭」の1つにも数えられるシッチェス映画祭。当館はシッチェス映画祭で上映された作品の中から、厳選したものを日本で上映する『シッチェス映画祭ファンタスティック・コレクション』を過去4回開催して来ました。
そして2018年。日本中のジャンル映画ファンからの復活を求める声にお応えして、3年ぶりに完全復活!観客を恐怖のどん底へ叩き落とす強力なラインナップをひっさげ、日本に戻ってきました!

『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2018』開催概要

【期間】
2018年11月24日(金)~12月14日(木)

【料金】
一般料金:1,500円 専門・大学生、シニア:1,100円 高校生以下:1,000円
※サービスデー、各種割引は適用可
※株主ご招待券、各種招待券は使用不可


◇シッチェス映画祭とは◇
シッチェス映画祭は、1968年に創設されたスペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催される映画祭。国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭であり、ファンタジー系作品(SF映画・ホラー映画・スリラー映画・サスペンス映画など)を中心に扱うスペシャライズド映画祭として、世界でも権威のある国際映画祭のひとつである。
ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭、ポルト国際映画祭(ファンタスポルト)と並ぶ世界三大ファンタスティック映画祭の代表格であり、ホラーやファンタジージャンル映画の最先端作品を選定する特徴。
歴代の最優秀作品には『狼の血族』『死霊のしたたり』、日本映画の『リング』などがある。最優秀賞受賞者もヴィンセント・プライスからデヴィッド・クローネンバーグ、審査員には『食人族』のルッジェロ・デオダートがいたりと、本映画祭の歴史がホラー映画の歴史を表していると言っても過言ではない。
近年では中島哲也監督の『渇き。』が最優秀男優賞、新海誠監督の「君の名は。」がアニメーション部門にて、最優秀長編作品賞を受賞するなど、日本ともゆかりが深い。

【上映ラインナップ第一弾】
『リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ』 (英題:JEEPERS CREEPERS 3)

1024x640.png

監督・脚本:ビクター・サルヴァ
出演:スタン・ショウ、ガブリエル・ホウ、ブランドン・スミス
2017/アメリカ/英語/100分

フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮の伝説のホラーとして誕生して17年。伝説の怪物が、三度、観る者を恐怖に突き落とす!あるトラックからおびただしい屍が発見されたことにより、クリーパーVS特殊部隊の血で血を洗う闘いが勃発!クリーパーを永遠に葬り去ることができるのか!?第1作で主人公を演じたジーナ/フィリップスがシリーズに復活!

【上映ラインナップ第二弾】
『怪怪怪怪物!(かいかいかいかいぶつ!)』

怪怪怪怪物!1024x640.png

監督・脚本:ギデンズ・コー
出演:トン・ユィカイ、ケント・ツァイ、ユージェニー・リウ
2017/台湾/北京語/110分

昨年の第30回東京国際映画祭で絶賛の声を浴びた、『怪怪怪怪物!(かいかいかいかいぶつ!)』(原題:『報告老師!怪怪怪怪物!』)をシッチェス映画祭にて上映いたします!!そして、邦題も決定!漢字はそのままで、読み方は“かいかいかいかいぶつ”と若干日本風になりました。
本作は、日本スタッフ・キャストによるリメイク版が今年公開されることでも話題となった、台湾で大ヒットを記録した映画『あの頃、君を追いかけた』のギデンズ・コー監督によるオリジナル脚本最新作です。前作のラブストーリーとは打って変わって、『怪怪怪怪物!』では香港ではポスターが発禁処分となったほど、衝撃シーンも満載!スクールバスの中での血まみれの殺戮劇など、タイトルのポップな雰囲気とはかけ離れた残酷な世界が観る人を待ち受けております…!

【上映ラインナップ第三弾】
『デス・バレット』(英題:Let the corpses tan)

デス・バレット1024-x-640.png

監督:エレーヌ・カテト&ブルーノ・フォルザーニ
出演:エリナ・レーヴェンソン、ステファーヌ・フェラーラ
2017年/90分/フランス語/仏・ベルギー

クエンティン・タランティーノが選ぶ2010年度ベスト20に選出された『煽情』の監督最新作。
エンニオ・モリコーネの名曲に乗せて贈る、ネオ・フレンチ・ウエスタン!

ライノと、その仲間グロとアレックスは、装甲車を襲撃して250㎏もの金塊を強奪することに成功する。そして、金塊の隠し場所と潜伏場所として、友人の画家のルースが滞在している人里離れた廃村に身を隠す。しかし、そこに思わぬ訪問者が現れて、事態は予期せぬ方向へ!?地中海。青い海。照り付ける太陽。そして、250キロの金塊。果たして、その行方とは━。トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門上映作品。

『狼チャイルド』(英題:Good Manners)

狼チャイルド1024-x-640-ピクセル.png

監督・脚本 マルコ・ドゥトラ、フリアナ・ロハス
出演:イザベル・ズア、マルジョリエ・エスチアーノ
2017年/135分/ポルトガル語/仏・ブラジル

2017年“シッチェス”映画祭批評家賞受賞&ロカルノ映画祭審査員特別賞受賞作品。
狼男アメリカンならぬ狼男ブラジリアン!?異色の人狼ファンタジー・ホラー!

クララは、サンパウロ郊外に住む若き看護婦。裕福でミステリアスなアナに授かった子どもの乳母として雇われ、アナの家に住み込み、新生活を始める。様々な奇妙な事が起こるが、クララとアナには、強い絆が芽生えていく。そんなある満月の夜、アナの叫び声が響き渡った。赤ん坊がアナの腹を引き裂いて生まれたのだった。アナは亡くなり、生まれた子は、狼男だった!クララは、子どもを引き取り、自分の息子として育てるのだが…。

『キラー・メイズ』(原題:DAVE MADE A MAZE)

キラーメイズ1024-x-640.png

監督:ビル・ワッターソン
出演:ミーラ・ロフィット・カンブハニ、ニック・サン、アダム・ブッシュ
2017年/80分/英語/アメリカ

2017年“シッチェス映画祭”ニュービジョン・ワン/プラス部門部門 最優秀作品賞受賞
全てがお手製のダンボールで描く、殺人迷路を巡る大冒険!

うだつのあがらない芸術家デイブは、日々の鬱憤を晴らすべく、居間のど真ん中にダンボールの迷路を作り始める。しかし、それはいつしか彼の空想した罠やモンスターが徘徊する大迷宮となっていき…。ミッシェル・ゴンドリー監督『恋愛睡眠のすすめ』の世界観×ヴィンチェンゾ・ナタリ監督『CUBE』の衝撃!セット全てがダンボール!低予算ながらセンスが光る 
シュール、ファンタジー、ホラー、コメディ満載のアイデア映画の誕生!

『プリズン・ランペイジ』(原題:Last Rampage)

プリズン・ランペイジ1024-x-640-ピクセル.png

監督:ドワイト・H・リトル
出演:ロバート・パトリック、ヘザー・グラハム、ブルース・デイヴィソン
2017年/93分/英語/アメリカ

人気TVドラマ「BONES-骨は語る-」の監督が放つ、クライム・エンターテイメント!
全米を震撼させた、実在の犯罪者一家の脱獄劇&虐殺の血みどろ逃避行の行方とは!

1978年の夏、囚人のゲーリーとランディはアリゾナ州刑務所からゲーリーの息子たちの協力を得て、見事、脱獄に成功する。ベテラン捜査官クーパーの追跡を振り切り、一行は血みどろの逃避行を繰り広げるが…。『ターミネーター2』の敵役で話題を呼んだロバート・パトリック、『オースティン・パワーズ』『ハングオーバー!』のヘザー・グラハム、『いちご白書』のブルース・ディヴィソンなど、豪華キャスト競演でも話題。