トピックス

お知らせ2021 / 1 / 9 [土]シネ・リーブル梅田

「インディアンムービーウィーク2020リターンズ」開催決定!

IMWreturn_main1024.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2019年に第1回を開催して以来、インディアンムービーウィーク(IMW)では、映画製作がさかんな言語圏(北インド:ヒンディー語/南インド:タミル語、テルグ語、マラヤーラム語、カンナダ語)の日本未公開作品を中心に、24作品を上映してきました。このたび、日本初上映作品2本に加え、これまでの上映作品の中からIMWの「ベスト・オブ・ベスト」といえるセレクションを上映します。無双のインド映画ラインナップお見逃しなく!

【開催期間】2月5日(金)~2月18日(木)

【「インディアンムービーウィーク2020リターンズ」スケジュール変更のお知らせ】
当館では緊急事態宣言発出に伴う営業時間短縮要請を受け、営業時間を20時までとして時短営業をしております。現状では緊急事態宣言の解除時期が不透明であることを鑑み、2/5金~2/18木の期間で予定している「インディアンムービーウィーク2020リターンズ」につきまして、配給会社と協議の結果、上映作品およびタイムテーブルの縮小・変更をさせていただくこととなりました。
楽しみにお待ちいただいた皆様には大変申し訳なく存じますが、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

変更後のスケジュールは下記の通りです。


修正版タイムスケジュール.jpg

【料金】¥1,800-均一
※特別興行のため、各種割引・招待券・株主優待券は使用不可。サービスデー適用不可。

【上映ラインナップ】

hp-01jigarthanda.jpg

『ジガルタンダ』

監督:カールティク・スッバラージ(ペーッタ)
出演:シッダールト(バードシャー テルグの皇帝)、ボビー・シンハー(キケンな誘拐)、カルナーカラン(キケンな誘拐)、ナーサル(バーフバリ)/ 特別出演:ヴィジャイ・セードゥパティ('96、キケンな誘拐)
2014年/タミル語/171分/原題:Jigarthanda

映画監督を目指すカールティクは、映画監督コンテスト番組に出場する。セミ・ファイナルで選外になりかけたが、審査員を務めたプロデューサーから長編映画の製作を持ちかけられる。提示された条件は、壮絶なギャングの抗争をテーマにした映画をつくることだった。カールティクは命の危険も顧みず、南インドのマドゥライで悪名を轟かせる凶悪なギャングのボス、セードゥに関してリサーチを始める。

hp-02Jilla_Still_Web.jpg

『ジッラ 修羅のシマ』

監督:R. T. ネーサン
出演:モーハンラール(ザ・デュオ)、ヴィジャイ(サルカール 1票の革命、ビギル 勝利のホイッスル)、カージャル・アグルワール(バードシャー テルグの皇帝)
2014年/ タミル語/176分/原題:Jilla

マドゥライを支配するマフィアの首領シヴァンに育てられ、その右腕として地域を仕切るシャクティのあだ名はジッラ(縄張り)。ある時シヴァンは、新しく着任した警視総監から犯罪集団の取り締まり強化を宣言される。危機感を感じたシヴァンは嫌がるシャクティを、介入抑止のため警察官にさせる。だがそれは、親子断絶の始まりだった。

hp-13pic17.jpg

『人生は二度とない』

監督:ゾーヤー・アクタル(ガリーボーイ)
出演:リティク・ローシャン(WAR ウォー!!)、アバイ・デーオール、ファルハーン・アクタル(ミルカ)、カトリーナ・カイフ(チェイス!)、カルキ・ケクラン(マルガリータで乾杯を!)/ナスィールッディーン・シャー(特別出演)
2011年/ヒンディー語/155分/原題:'96

友人の独身最後の旅に同行するため、スペインに集まった学生時代の友人たち。それぞれが悩みや葛藤を抱えていた。スペインを車で縦断する旅での冒険や出会いが、彼らの生き方に安らぎを与え、変化をもたらしていく。

hp-14Raanjhanaa_Still_Web.jpg

『ラーンジャナー』

監督:アーナンド L. ラーイ(タヌはマヌと結ばれる)
出演:ダヌシュ(無職の大卒)、ソーナム・カプール(プレーム兄貴、王になる)、モハンマド・ジーシャン・アユーブ、スワラー・バースカル(プレーム兄貴、王になる)
2013年/ヒンディー語/139分/原題:Raanjhanaa

タミル人バラモンの家庭に育ったクンダンは、イスラーム教徒の少女ゾーヤーにひとめぼれする。告白するも宗教の壁は大きく、ゾーヤーに拒否されたクンダンは手首を切る。町の噂になることを恐れた父からゾーヤーは遠方の学校に送られ、二人は別れさせられる。数年後に再会した時、ゾーヤーには学生運動の指導者である恋人がいた。

hp-15pic5.jpg

『ムンナー・マイケル』

監督:サビール・カーン(スタローン in ハリウッド・トラブル)
出演:タイガー・シュロフ(WAR ウォー!!、フライング・ジャット)、ナワーズッディーン・シッディーキー(バジュランギおじさんと、小さな迷子)、ニッディ・アゲルワール、ローニト・ローイ
2017年/ヒンディー語/140分/原題:Munna Michael

マイケル・ジャクソンをリスペクトするバックダンサーに拾われ育てられたムンナーは、クラブでのダンスバトルで稼いでいた。あるきっかけから、ギャングのボスのダンスコーチとなる。だが、ボスが好意を寄せていた女性ダンサーの存在から、二人の仲は恋のバトルに発展する。