近日上映作品

ムクウェゲ「女性にとって世界最悪の場所」で闘う医師

3 / 4 [金] 公開

75分 日本

その少女の涙を、笑顔にかえるために

アフリカ大陸、コンゴ民主共和国・東部ブガブ。
この地は「女性にとって世界最悪の場所」と呼ばれている。20年以上の間、ここでは40万人以上の女性たちがレイプの被害を受け続けている。
その女性たちの多くを無償で治療してきたのが婦人科医、デニ・ムクウェゲである。
彼のパンジ病院には、肉体的、精神的な傷を負った女性たちが運び込まれてくる。年間で2500~3000人。なぜ、このような犯罪が後を絶たないのか。

この地にはレアメタル、錫など豊かな鉱物資源が埋まっている。武装勢力はその利権を得るために、性暴力という武器をつかい、住民を恐怖で支配しようとしているのである。個人の欲求とは異なる、組織的な性暴力。
ある時、ムクウェゲ医師は「その根源を断ち切らない限り、コンゴの女性たちに平和は訪れない」と気づいた。そして、この地で起きていることを世界に訴え始めたのである。しかし、その勇気ある行動によって、自身の命を狙われることなる。

2018年、長年の活動にたいしてノーベル平和賞が授与された。しかし、ムクウェゲ医師の闘いは終わることはなく、今も続いている。本作はその闘いの日々を追ったドキュメンタリーである。私たちが生きる、同じ世界で起きていること。決して他人事と思ってはいけない現実がここにはある

語り
:常盤 貴子
監督
:立山 芽以子
製作
:竹内 明
エグゼクティブプロデューサー
:大久保 竜、渡辺 信也
プロデューサー
:藤井 和史、松原 由昌

紙券1024x640.jpg

特別鑑賞券 12/18(土)より販売開始!

全国共通券:¥1,400(税込)