近日上映作品

All the Streets Are Silent: ニューヨーク(1987-1997)、ヒップホップとスケートボードの融合All the Streets Are Silent: The Convergence of Hip Hop and Skateboarding(1987-1997)

10 / 21 [金] 公開

89分 アメリカ

こいつらがいたから、今のストリートがある
今、世界で最も勢いのあるカルチャーを作り上げた不良たちの物語

1980年代後半から90年代にかけて、ニューヨーク州マンハッタンのダウンタウンでヒップホップとスケートボードという2つのサブカルチャーが出会い、後に巨大なメインカルチャーにまで発展することとなる。NYの人気ナイトクラブMars、ヒップホップグループWu-tang Clanのデビュー、スケートブランドZoo YorkやSupremeの誕生、ラリー・クラーク監督映画『KIDS/キッズ』公開。この時代のラッパー、DJ、スケーターなど不良と呼ばれていた若者たちの生き様が、今では最も影響力のあるストリートカルチャーを作り上げた。
90年代のヒップホップ界を代表するプロデューサー、ラージ・プロフェッサーによるオリジナルスコアや、貴重なアーカイヴ映像の数々と共に、当時のニューヨークを知る名立たる人物たちがストリートカルチャー誕生の瞬間を語る。

監督
:ジェレミー・エルキン
ナレーション
:イーライ・ゲスナー