トピックス

イベント2018 / 6 / 30 [土]ヒューマントラストシネマ渋谷

3年ぶりに完全復活!『シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2018』開催決定!!

雌伏の時を経て、ファンタスティック映画の祭典が帰ってきた!

SF,ホラー、サスペンスなどのジャンル映画の祭典として「世界三大ファンタスティック映画祭」の1つにも数えられるシッチェス映画祭。当館はシッチェス映画祭で上映された作品の中から、厳選したものを日本で上映する『シッチェス映画祭ファンタスティック・コレクション』を過去4回開催して来ました。
そして2018年。日本中のジャンル映画ファンからの復活を求める声にお応えして、3年ぶりに完全復活!観客を恐怖のどん底へ叩き落とす強力なラインナップをひっさげ、日本に戻ってきました!

ラインナップ第一弾として、あの『ジーパーズ・クリーパーズ』のシリーズ最新作『リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ(JEERPERS CREEPERS3)』が登場!今後、第二弾、第三弾と、さらなる話題作が控えるシッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2018』に是非ご注目ください!

『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2018』開催概要

■期間
2018年10月を予定

■料金
通常料金:1,500円 専門・大学生、シニア:1,100円 高校生以下:1,100円


◇シッチェス映画祭とは◇
シッチェス映画祭は、1968年に創設されたスペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催される映画祭。国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭であり、ファンタジー系作品(SF映画・ホラー映画・スリラー映画・サスペンス映画など)を中心に扱うスペシャライズド映画祭として、世界でも権威のある国際映画祭のひとつである。
ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭、ポルト国際映画祭(ファンタスポルト)と並ぶ世界三大ファンタスティック映画祭の代表格であり、ホラーやファンタジージャンル映画の最先端作品を選定する特徴。
歴代の最優秀作品には『狼の血族』『死霊のしたたり』、日本映画の『リング』などがある。最優秀賞受賞者もヴィンセント・プライスからデヴィッド・クローネンバーグ、審査員には『食人族』のルッジェロ・デオダートがいたりと、本映画祭の歴史がホラー映画の歴史を表していると言っても過言ではない。
近年では中島哲也監督の『渇き。』が最優秀男優賞、新海誠監督の「君の名は。」がアニメーション部門にて、最優秀長編作品賞を受賞するなど、日本ともゆかりが深い。

【上映ラインナップ第一弾】
リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ (JEEPERS CREEPERS 3)

main1024x640.png

監督・脚本:ビクター・サルヴァ
出演:スタン・ショウ、ガブリエル・ホウ、ブランドン・スミス
2017/アメリカ/英語/100分

フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮の伝説のホラーとして誕生して17年。伝説の怪物が、三度、観る者を恐怖に突き落とす!あるトラックからおびただしい屍が発見されたことにより、クリーパーVS特殊部隊の血で血を洗う闘いが勃発!クリーパーを永遠に葬り去ることができるのか!?第1作で主人公を演じたジーナ/フィリップスがシリーズに復活!

【上映ラインナップ第二弾】
怪怪怪怪物!(かいかいかいかいぶつ!)

メイン1.JPG

監督・脚本:ギデンズ・コー
出演:トン・ユィカイ、ケント・ツァイ、ユージェニー・リウ
2017/台湾/北京語/110分

昨年の第30回東京国際映画祭で絶賛の声を浴びた、『怪怪怪怪物!(かいかいかいかいぶつ!)』(原題:『報告老師!怪怪怪怪物!』)をシッチェス映画祭にて上映いたします!!そして、邦題も決定!漢字はそのままで、読み方は“かいかいかいかいぶつ”と若干日本風になりました。
本作は、日本スタッフ・キャストによるリメイク版が今年公開されることでも話題となった、台湾で大ヒットを記録した映画『あの頃、君を追いかけた』のギデンズ・コー監督によるオリジナル脚本最新作です。前作のラブストーリーとは打って変わって、『怪怪怪怪物!』では香港ではポスターが発禁処分となったほど、衝撃シーンも満載!スクールバスの中での血まみれの殺戮劇など、タイトルのポップな雰囲気とはかけ離れた残酷な世界が観る人を待ち受けております…!