近日上映作品

そらのレストラン

1 / 25 [金] 公開

126分 日本 東京テアトル配給作品

笑顔も涙もおいしいも ひとつにとけあい分かち合う 

『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に続く、大泉洋主演、北海道映画シリーズ第三弾。

フレッシュかつ心温まる視線で"地域と人と食"を描いてきた≪北海道映画≫。
第一作『しあわせのパン』は洞爺湖を舞台に「パン」を分かちあう「夫婦」を、第二作『ぶどうのなみだ』では空知を舞台に「ワイン」の熟成と「家族」をテーマに、続く今回はシリーズ待望の第三作。
実際にせたなで循環農業に取り組む自然派農民ユニット「やまの会」をモデルに、様々な食材を一つにまとめ包み込む「チーズ」と、その味わいのように濃厚な「仲間」の絆が描かれている。

人は決して、一人では生きられない。笑顔と出会うたび、きっと人生はおいしくなるはず。
「そらのレストラン」を訪れたとき、そんな大切な何かに気づくかもしれません。

監督・脚本
:深川栄洋
脚本
:土城温美
音楽
:平井真美子
出演
:大泉洋、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、風吹ジュン、小日向文世

STORY

今日も、みんなの「いただきます」が、しあわせに響きますように。

今日も食卓に、明るい声が響く。ここは道南・せたな町。海が見える牧場で酪農を営む亘理は、妻のこと絵、一人娘の潮莉とのしあわせな家族3人暮らし。“自然に寄り添った食”を追求する仲間たちに囲まれ、厳しくも美しい大地で楽しい日々を送っている。

亘理の夢は、自分の牧場の牛乳で、この地でしか食べられないチーズを作ること。でも師匠のチーズ職人・大谷にはまだ追いつけず、落ち込んだり奮起したりの繰り返しだ。

ある時、札幌から訪れた有名シェフ・朝田に自分たちの食材を激賞され、亘理は一つのアイデアを思いつく。それは、せたなの“おいしいもの”を広く届けるため、一日限定のレストランを開くことだった。だが、納得ゆくチーズが完成せず思い悩んでいたある日、突然大谷が倒れ・・・。

INTRODUCTION

主演は北海道生まれで、今や日本映画界を牽引するスターとなった大泉洋。共演には本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、風吹ジュン、小日向文世など、個性的な実力派たちが揃いました。

監督は『神様のカルテ』シリーズで知られる俊英・深川栄洋。海と山をのぞむ雄大な風景をバックに、滋味たっぷりの人間ドラマと新しいライフスタイルを、じっくりと切り取っています。