近日上映作品

エマ、愛の罠Ema

10 / 2 [金] 公開

R15+ 107分 チリ

きわめて不道徳

ある事件をきっかけに、心のよりどころを失ったダンサーのエマ。振付師の夫との結婚生活が破綻した彼女は、その妖しい魅力で実直な消防士と彼の妻を虜にする。エマの不可解なまでに奔放な行動の裏には、ある衝撃的な秘密が隠されていた。

チリ出身のラライン監督は、「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」が第89回アカデミー賞で3部門にノミネートされ絶賛を浴び、製作を務めた「ナチュラルウーマン」が第90回アカデミー賞の外国語映画賞を獲得した俊英。新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出制限下では、国際的に活躍するフィルムメイカーたちに声をかけ、「HOMEMADE ホームメード」(Netflixで配信中)を製作し、今後はダイアナ元英皇太子妃を描く「Spencer(原題)」が待機している。本作では、挑発的な映像美で、魂の解放を象徴するエモーショナルなレゲトンダンスを交えながら、美しく、激しく、そして妖しい魅力を持つセンセーショナルなヒロイン・エマを創出した。
そんなエマを演じるのは、ラライン監督が会って10分後に主演をオファーしたという期待の新星マリアーナ・ディ・ジローラモ。「天国の口、終りの楽園。」で第58回ベネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)に輝き、「モーターサイクル・ダイアリーズ」「バベル」などで知られるガエル・ガルシア・ベルナルが、エマの夫・ガストン役を務めた。

監督
:パブロ・ラライン
出演
:マリアーナ・ディ・ジローラモ、ガエル・ガルシア・ベルナル

前売券発売中

エマ前売券と特典.png

全国共通特別鑑賞券¥1,500

前売特典:オリジナルポストカード
(先着プレゼントにつき、無くなり次第、配布は終了いたします)