近日上映作品

聖なる犯罪者Corpus Christi

1 / 15 [金] 公開

R18+ 116分 フランス=ポーランド

  • 第92回アカデミー賞®国際長編映画賞ノミネート

聖人か?それとも悪人か?信仰深き元犯罪者の聖なる罪―
ポーランドで実際に起こった事件を基に描かれた衝撃の実話

少年院に服役中のダニエルは、前科者は神父になれないと知りながらも、神父になることを夢見ている。仮釈放で田舎の製材所に就職することになったダニエルは偶然立寄った教会で、新任の司祭と勘違いされ司祭の代わりを命じられる。司祭らしからぬダニエルに村人たちは戸惑うが、徐々に人々の信頼を得ていく。数年前、この村で起こった凄惨な事故を知ったダニエルは、心に深い傷を負った村人たちを癒してあげたいと模索するが、そんな中、少年院にいた男が現れすべてを暴くとダニエルを脅し、事態は思わぬ方向へと転がりだす...。

2019年ヴェネチア国際映画祭内のヴェネチア・デイズでプレミア上映された後、トロント国際映画祭ほか世界中の映画祭で数多くの賞を獲得。ついにはポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』と肩を並べて第92回アカデミー賞®国際長編映画賞(旧名称:外国語映画賞)に見事ノミネートされた。監督は本作が3作目となるポーランド出身のヤン・コマサ。最新作『ヘイター』(Netflixにて配信中)はトライベッカ映画祭のインターナショナル・ナラティブ部門で最優秀作品賞を受賞する快挙を成し遂げ、今世界で最も注目される若き監督の1人となった。主演は、弱冠28歳のバルトシュ・ビェレニャ。少年院出身のダニエルと司祭という真逆の人物像を息もつかせぬ緊張感をもって演じ、聖と悪の境目とは一体何なのかを観る者に鋭く問いかける。

監督
:ヤン・コマサ
出演
:バルトシュ・ビィエレニア/エリーザ・リチェムブル アレクサンドラ・コニェチュナ/トマシュ・ジィェンテク
言語
:ポーランド語