近日上映作品

RHEINGOLD ラインゴールドRHEINGOLD

3 / 29 [金] 公開

PG12 140分 ドイツ・オランダ・モロッコ・メキシコ

実在するドイツのラッパー&音楽プロデューサー カターの半生を描き出した破天荒なサクセスストーリー!

ジワ・ハジャビはクルド系音楽家のもとに生まれ、パリに亡命し音楽教育を受け、ドイツのボンに移り住むが、両親は離婚、貧困を味わう。ある日、街の不良たちにブチのめされ、やり返したい一心でボクシングを覚え、カター(Xatar:危険なヤツ)となったジワは、ドラッグの売人や用心棒などで金を稼ぐようになり、さらには、金塊強盗までしてしまう。世界的指名手配犯となり、逃亡中のシリアで拘束され、送還されたドイツの刑務所内でレコーディングした曲でデビュー、本物の"ギャングスタ・ラッパー"となり、音楽プロデューサーとして成功する......。破天荒な実話に基づく奇想天外なサクセスストーリー。

監督は、『女は二度決断する』でゴールデングローブ賞外国語映画賞を獲得したほか、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンでも主要賞を獲得しているファティ・アキン監督。本国ドイツでは約1000万ドルの大ヒット、ファティ・アキン監督作品史上、もっとも観客を動員した作品となった。

主人公ジワ・ハジャビakaカターを演じるのは、日本でもNetflixなどで観られる「悪魔は私の大親友」でヒロインが恋する高校イチのモテ男を演じたエミリオ・サクラヤ。アイドル俳優的な評価だったサクラヤだが、本作をきっかけに大変貌を遂げている。また、セリフ監修としてカター本人が参加している。
本編では男同士の友情やジワの持ち前の明るさも描かれ、犯罪者の物語というよりバディものの様相を呈している。如何にしてジワはカターとなり、金塊強盗をし、刑務所でレコーディングし、音楽業界で成功を掴むのか――?

監督
:ファティ・アキン
出演
:エミリオ・サクラヤ、カルド・ラザーディ、モナ・ピルザダ、アルマン・カシャニ、フセイン・トップ、ソゴル・ファガーニ