近日上映作品

約束のネバーランド

12 / 18 [金] 公開

禁断”の実写映画化。その楽園から、脱獄せよ。

幸せになれることが。当たり前だと思ってた。

週刊少年ジャンプ(集英社)で連載され、「このマンガがすごい!2018 オトコ編1位」(宝島社)を はじめとした国内の数々の漫画賞に加えて、フランスや韓国でも高い評価を獲得し、 全世界累計発行部数・2500万部超えの「約ネバ」が遂に実写映画化。
主人公エマを演じるのは、日本映画を担う成長著しい若手女優の浜辺美波。
クールな少年レイ役には、映画『万引き家族』の好演が記憶に新しい、城桧吏。
理性的でリーダー格の少年・ノーマン役には、「仮面ライダージオウ」で注目を浴びた次世代スター、板垣李光人。
そして子供たちの母親代わりで孤児院を管理するイザベラ役に北川景子、イザベラの補佐役(シスター)・クローネ役に渡辺直美と、これ以上ないキャスティングが実現。
『週刊少年ジャンプ』史上最も異色と謳われた衝撃の脱獄ファンタジーに、あなたはきっと夢中になる。

<STORY>
そこは、"楽園という名の檻"だった─。

幸せに満ち溢れた楽園のような孤児院、 「グレイス=フィールドハウス」。
そこで暮らす孤児たちは、 母親代わりでみんなから"ママ"と呼ばれている、 イザベラ(北川景子)のもと、 里親に引き取られる年齢になる日を待ちわびていた。
エマ(浜辺美波)、レイ(城桧吏)、ノーマン(板垣李光人)の3人も、 いつか外の世界で暮らすことで、 より幸せな日々がやってくると信じていた。
しかし、ある日"その秘密"を知ってしまう。
全てが偽りだったと気がついた3人は、 孤児たち全員を引き連れた、 無謀ともいえる脱獄計画をスタートさせる...。

原作
:「約束のネバーランド」白井カイウ・出水ぽすか(集英社 ジャンプ コミックス刊)
監督
:平川雄一朗
キャスト
:浜辺美波、城桧吏、板垣李光人、渡辺直美、北川景子
主題歌
:ずっと真夜中でいいのに。「正しくなれない」 (UNIVERSAL MUSIC)