上映作品

不思議惑星キン・ザ・ザ

135分 ロシア

1986年、ソビエト連邦時代のジョージア(グルジア)で製作され、当時のソ連で大ヒットを記録した、カルト映画として名高い脱力系SFコメディ。

自称異星人との遭遇
 モスクワ、冬。マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角でバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をかけられ、「裸足で寒そうだから」という青年に付き合って、その男と言葉を交わす。自称異星人は「この星のクロスナンバーか座標を教えてくれ」と尋ねるが、マシコフは男の持つ〈空間移動装置〉を押してしまった。瞬間、マシコフと青年は砂漠のど真ん中にワープ!

​​釣鐘型の宇宙船とこぎたない宇宙人
街をめざして歩き始める二人に灼熱の太陽が襲う。疲れ果てて座り込む二人。すると、奇妙な音を立てて釣鐘型の宇宙船がやって来る。飛行物体から出てきたのはこぎたない男二人。檻を出ると踊りながら、「クー」と言っている。

​​​挨拶は「クー」
英語もフランス語もドイツ語も通じず、返ってくるのは「クー」ばかり。毛皮の帽子もコートも差し出したが、取られるだけ取られて、宇宙船には乗せてもらえずに放り出される。だが、マシコフがタバコを喫おうと、マッチを擦った瞬間、釣鐘型の宇宙船がUターンして舞い戻ってくるではないか!マッチを欲しがる男たちに「街まで乗せてくれるなら、"クー"だ」と交渉するマシコフ。なんとか船に乗り込む二人。

​​​キン・ザ・ザ星雲のプリュク星ではマッチは超貴重品
二人がワープしたのはキン・ザ・ザ青雲のプリュク星。マッチがえらい貴重品らしい。幸いなことに、煙草を吸うマシコフのポケットにはマッチが二箱ある。なんとかこれで地球に帰れるのでは・・。だが、簡単に思えた交渉も、マッチの貴重さを軽くみてしまったマシコフのヘマで失敗し、釣鐘型の宇宙船は燃料切れで立往生。おまけに今度は卵型の宇宙船がやってきた。乗っていた権力者エツィロップは、"クー"をしなかったマシコフを殴ったうえに、釣鐘型宇宙船の二人から金を巻き上げていく。これでは燃料を買う事もできない。四人で釣鐘型の宇宙船を押して歩くにしても、街は遠い・・・。

​果たしてマシコフとゲデバンは"反クロス系"に位置する地球に帰ることができるだろうか。帰り着いたとしても、愛する家は・・・。このまま二人は宇宙の浦島太郎として終わるのか・・・。

監督
:ゲオルギー・ダネリヤ

上映スケジュール(購入)

東京都