上映作品

We Love Television?

「これを、僕が亡くなった日に流して欲しい」 萩本欽一、最初で最後のドキュメンタリー映画

昨今のバラエティ番組の視聴率が平均10%程度のなか、当時30%越えの番組を連発。自身の冠番組やレギュラー番組の1週間の視聴率の合計が100%を超えることから、"視聴率100%男"と呼ばれ、テレビをエンターテイメントの王様へと押し上げた立役者、萩本欽一。
本作は、アナログ放送から地上デジタル放送への切り替え期である2011年より萩本欽一の新番組制作に密着したドキュメンタリー。監督は新番組企画の発起人であり、「電波少年」シリーズなど数々の人気番組を手がけ、バラエティ界を席捲したあの"Tプロデューサー"こと土屋敏男。
実力派女優 田中美佐子と人気お笑い芸人 河本準一(次長課長)を共演に迎え、構成担当にマルチに活躍する放送作家 高須光聖、番組セット担当に今最も注目を集めるクリエイティブ集団 猪子寿之率いるチームラボが参戦。
新発想の布陣で挑む番組制作の模様を記録した。膨大な映像素材に収められたのは、萩本欽一のエンターテイメントへのあくなき執念と狂気を秘めた番組制作の奥義、そしてテレビマンたちの熱意だった―。
時代と格闘するすべての人たちに贈る―夢中になれるもの、あなたにはありますか?

監督
:土屋敏男
出演者
:萩本欽一/田中美佐子、河本準一