上映作品

エンドレス・ポエトリーPoesia Sin Fin

君が、詩が、僕の行く道を照らしてくれる──
燃えさかる蝶のように。

前作『リアリティのダンス』から3年、舞台はサンティアゴへ―。
世界に潜むマジック・リアリズムを追い求め続けるホドロフスキー監督が観る者すべてに送る"真なる生"への招待状。

監督・脚本
:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影
:クリストファー・ドイル
出演者
:アダン・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、ブロンティス・ホドロフスキー、レアンドロ・ターブ、イェレミアス・ハースコヴィッツ

STORY

物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。
ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接していく中でアレハンドロは、それまで自分が囚われていた檻から、ついに解放される。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、初めて恋に落ちたステジャ・ディアスとの邂逅によって、アレハンドロの詩的運命は、新たな世界へと紐解かれていく。