上映作品

ダンシング・ベートーヴェンBEETHOVEN PAR BEJART

ベートーヴェンの第九交響曲。愛と生命の賛歌を、歌い、踊り、生きる。

天才振付家モーリス・ベジャールの代表作のひとつ「第九交響曲」の舞台裏を捉えた感動のドキュメンタリー『ダンシング・ベートーヴェン』。

故モーリス・ベジャールによって振り付けられた伝説のダンス『第九交響曲』の東京公演。
それはベジャール・バレエ団と東京バレエ団、そして世界的指揮者ズービン・メータ率いるイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団という奇跡の競演が生み出した、稀代のステージ。
本作は、21世紀のバレエ史上最高傑作と呼ばれた総合芸術のステージが出来上がるまでの度重なるリハーサルの様子や、ベジャールの後継者ジル・ロマン芸術監督のもと新たに踏み出した、ベジャール・バレエ団の様々な文化的背景を持つダンサーたちが織りなす人間ドラマに密着した感動のドキュメンタリー。『第九』が放つ壮大な世界観のもと、ダンサーという職業の苦悩や情熱を浮き彫りにし、ひと時限りのスペクタクルロマンを築き上げる姿に迫る。ベジャール・バレエ団に所属する大貫真幹ら日本人ダンサーの活躍にも注目だ。監督は、『ベジャール、そしてバレエはつづく』のアランチャ・アギーレが務める。

監督
:アランチャ・アギーレ
出演者
:マリヤ・ロマン、モーリス・ベジャール・バレエ団、ズービン・メータ
振付
:モーリス・ベジャール