上映作品

十年 Ten Years Japan

是枝裕和監督 総合監修
高齢化、AI教育、デジタル社会、原発、徴兵制― 5⼈の新鋭監督が、”今の未来”を見つめる

BBCをはじめ海外の主要メディア、日本でも各新聞&テレビに取り上げられ、香港で記録的大ヒット。
10年後の香港を舞台に、5人の若手新鋭監督達が近未来を描き、
社会現象となった短編オムニバス作品『十年』(2015年製作。日本公開2017年)。
インディペンデント作品であるにも関わらず単館系で大ヒットを記録、2016年香港電影金像奨(Hong Kong Film Awards)で最優秀作品賞を受賞。
中国では国営メディアに批判され上映禁止となった問題作を
元に、日本、タイ、台湾それぞれで、自国の現在・未来への
多様な問題意識を出発点に、それぞれ約5名の新鋭映像作家が独自の目線で10年後の社会、人間を描く国際共同プロジェクト。

アジア地域の社会的意識向上のためのムーブメントとして、
また国際社会への相互理解を深めたいというオリジナル版スタッフの熱い想いを受け継いで、2016年、プロジェクトが始動した。

各国で共通するテーマは「物語のテーマは、10年後の自国の未来」「監督は、約5名の新鋭監督を起用すること」という二つ。

アピチャッポン・ウィーラセタクン(『ブンミおじさんの森』)が監督として参加したタイ版は、 2018年5月8日ー19日(フランス時間)に開催される第71回カンヌ国際映画祭特別招待作品として選出されるなど、 その輪は世界各国に広がりはじめている。

国際映画祭を含む世界での上映をはじめ、日本映画業界に一石を投じる、前代未聞の国際共同プロジェクトである。


PLAN75_1_1024.jpg

『PLAN75』

監督:早川千絵 出演:川口覚、山田キヌヲ、牧口元美 ほか

75歳以上の高齢者に安楽死を奨励する国の制度『PLAN75』。公務員の伊丹(川口覚)は、貧しい老人達を相手に“死のプラン”の勧誘にあたっていた。

ITAZURA_1_1024.jpg

『いたずら同盟』

監督:木下雄介 出演:國村隼 ほか

AIにより理想的な道徳を刷り込まれているIT特区の小学校。用務員の重田(國村隼)が世話す老馬に殺処分の判断が下された時、クラスのはみ出し者の亮太(大川星哉)は・・・。

DATAT_1_1024.jpg

『DATA』

監督:津野愛 出演:杉咲花、田中哲司 ほか

母の生前のデータが入った「デジタル遺産」を手に入れた舞花(杉咲花)。データをもとに母の実像を結ぶことに喜びを感じていたが、知られざる一面をみつけてしまい・・・。

Kuuki_1_1024.jpg

『その空気は見えない』

監督:藤村明世 出演:池脇千鶴 ほか

原発による大気汚染から逃れるために地下の世界に住む少女・ミズキ(三田りりや)。友達のカエデ(田畑志真)から地上の話を聞き、母(池脇千鶴)の意向に反発して地上の世界に憧れを抱くようになり・・・。

utsukushiiI_1_1024.jpg

『美しい国』

自衛隊徴兵制が導入された日本。告知キャンペーンを担当する広告代理店の渡邊(太賀)は、ベテランデザイナー・天達(木野花)のもとに、ある報告をしに訪れるが・・・。


上映スケジュール

東京

大阪