上映作品

RAW~少女のめざめ~[名画座2本立て]RAW

R15+ 98分 フランス・ベルギー

  • 第69回カンヌ国際映画祭 国際批評家連盟賞 受賞

少女の成長を通して“究極の愛”を描いた、新人女性監督による衝撃のデビュー作。

ある日、そんなしごきの一環として、全身に血を浴びせかけられ、さらにうさぎの生の腎臓を強制的に食べさせられたジュスティーヌは、体に異変を感じるようになる。身体中に発疹ができ、皮がむけ、体調はすこぶる悪い。悪夢にも悩まされるようになる。学業では優等生として本領を発揮するが、原因不明の精神的、肉体的なドラスティックな変化についていけない。ストレスもマックスで、最悪だ。学食で衝動的にハンバーグを万引きしようとしたジュスティーヌの姿を見たアドリアンは、彼女を連れて寮を抜け出し、バスで小旅行に出かけて夕食を共にする。アドリアンにすすめられて、そこで生まれて初めて自発的に肉を、ケバブを口にしたジュスティーヌは、肉の美味しさに衝撃を受け、がつがつとむしゃぶりつく。その後も夜中に無性に腹が減り生肉にかぶりつくなど、さらなる変化に戸惑うジュスティーヌは、次第に自分の内に秘めた恐ろしい本性と秘密に気づくことになる......。

★『ゆれる人魚』と2本立て上映

監督・脚本
:ジュリア・デュクルノー
出演
:ギャランス・マリリエ、エラ・ルンプフ、ラバ・ナイト・ウフェラ


上映スケジュール

東京