上映作品

太陽の塔

約半世紀ぶりに太陽の塔内部の一般公開し予約殺到 !
岡本太郎は何を想い、何と闘い、太陽の塔を作ったのか。
最初で最後のドキュメンタリー映画公開!

1970年、高度経済成長に沸く日本で、「人類の進歩と調和」というテーマで開かれた大阪万博。そこでひときわ異彩を放っていたのが、前衛芸術家・岡本太郎が制作した太陽の塔だった。2018年3月、48年ぶりに内部の一般公開が始まるやいなや、見学希望者が殺到。今秋には、「太陽の塔」展の開催も決まっており、半世紀の時を超えて、再び太陽の塔に注目が集まっている。今でも人びとが太陽の塔に惹かれるのはなぜなのか?当時、太陽の塔の制作に関わった関係者や専門家たちのインタビュー、貴重な万博当時の映像、岡本太郎のルーツ、そして同時期に制作された"明日の神話"のテーマを探ることにより、太陽の塔からのメッセージを浮き彫りにしていく。岡本太郎は、太陽の塔を通じて、今なお人類を挑発し続けているー。
監督は、これが長編ドキュメンタリーは初監督となる関根光才。これまでにMVやCM手がけ、本谷有希子原作「生きてる「生きてる だけで、愛 。」(2018年秋公開 年秋公開)も控える関根監督が、太陽の塔に新たな命を吹き込む ー。

監督
:関根光才