上映作品

ニート・ニート・ニート

世の中なめてて、すんません。

「ジャニーズJr.」の安井謙太郎が映画初主演を務め、北海道を舞台に描くロードムービー。
第8回小説新潮長編新人賞を受賞した三羽省吾による同名小説を、「夢二 愛のとばしり」「殺る女」の宮野ケイジ監督のメガホンで映画化した。

退屈な毎日に飽き飽きし、会社を辞めてしまったタカシのもとに高校の同級生レンチが訪ねてきた。
危ない筋の女性に手を出してしまったレンチは、追っ手から逃げるためにタカシに北海道行きを持ちかける。さらに同級生のキノブーも巻き込んで、逃避行がスタートする。
その道中、レンチが出会い系サイトで知り合った少女が合流。まだ幼さの残る月子と名乗る謎の少女に旅の主導権を握られたニート3人組は、月子の言いなりで北海道中を転々とするハメになるが......。

レンチ役の安井のほか、タカシ役を「仮面ライダーゴースト」の山本涼介、キノブー役を「ジャニーズJr.」の森田美勇人、月子役を「イタズラなKiss」の灯敦生が演じる。

監督・脚本
:宮野ケイジ
原作
:三羽省吾
出演
: 安井謙太郎、山本涼介、森田美勇人、灯敦生、MEGUMI