上映作品

アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ

株主ご招待券不可

終りなき反逆と遊戯の果て、めくるめくエロティシズムの陶酔へ――。
<ヌーヴォー・ロマン>の旗手アラン・ロブ=グリエ、幻の映画監督作6本がついに公開!

20世紀の世界文学を揺るがした革命的なムーヴメント〈ヌーヴォー・ロマン(新しい小説)〉の代表的作家として知られるアラン・ロブ=グリエ。1953年、『消しゴム』での鮮烈デビュー以降、既存の枠組みを根底から解体する実験的な小説を次々と発表し、60年に『去年、マリエンバードで』(アラン・レネ)のオリジナル脚本執筆を機に、映画界にも参入。倒錯的なエロスとフェティッシュを描く諸作で、戦後世界文学・映画の最前線に立つカルチャー・ヒーローとして圧倒的な人気を誇りましたが、その過激でスキャンダラスな描写ゆえ輸出禁止になることもしばしば、ヨーロッパ以外での地域ではほとんど上映されることはありませんでした。没後10年となる2018年、満を持して「映画監督」としてのロブ=グリエのヴェールがはがされる時がやってきました。『囚われの美女』を除く5作品が、このほど待望の日本初の劇場公開。映画が持つ、限りない自由と快楽をご堪能ください。


上映スケジュール(購入)

大阪府