上映作品

鉄道運転士の花束TRAIN DRIVER’S BOUQUET

  • モスクワ国際映画祭 観客賞
  • ポートランド国際映画祭 観客賞
  • マンハイム-ハイデルベルグ国際映画祭  観客賞・エキュメニカル審査員賞・映画館主賞
  • サラエボ映画祭 青年観客賞
  • ブリュッセル国際映画祭 グランプリ
  • ソフィア国際映画祭 最優秀作品賞
  • アルパ国際映画祭 最優秀作品賞・最優秀脚本賞
  • FEST国際映画祭 最優秀作品賞・最優秀男優賞   
  • プラハ独立映画祭 グランプリ・最優秀男優賞
  • ジャイプル国際映画祭 最優秀監督賞
  • ウィンター映画祭 最優秀監督賞
  • プーラ映画祭 最優秀監督賞・青年審査員賞
  • パリチ映画祭 特別審査員賞
  • アカデミー賞外国語映画部門セルビア代表作品

一覧で表示

線路は幸せを運んでくる、ごくたまに。
限りない悲しみを花束に変え、
運転士は誇りをもって引退するはずだった…
滑稽でささやかな、愛すべき人生の傑作!

イリヤは60歳で独身の鉄道運転士。キャリアの中で28名の「殺人」記録を残し引退しようとしている。19歳になった養子のシーマはそんな義父にあこがれ鉄道運転士の訓練中だが、一人前になるには乗り越えなければならない大きな障害が・・・。
一方、イリヤと心理カウンセラーのヤゴダは限りなく愛情に近い友情と信頼関係で結ばれているが、一線を超えることはなかった。
イリヤには決して記憶から消せない過去が・・・。

監督・脚本
:ミロシュ・ラドヴィッチ
出演
:ラザル・リストフスキー、ミリャナ・カラノヴィッチ、ペータル・コラッチ