上映作品

洗骨[名画座2本立て]

家族をひとつにしてくれたのは、骨になった母でした―。

洗骨───。今はほとんど見なくなったその風習だが、沖縄諸島の西に位置する粟国島などには残っているとされる。粟国島の西側に位置する「あの世」に風葬された死者は、肉がなくなり、骨だけになった頃に、縁深き者たちの手により骨をきれいに洗ってもらうことで、晴れて「この世」と別れを告げることになる。
沖縄の離島、粟国島・粟国村に住む新城家。長男の新城剛(筒井道隆)は、母・恵美子(筒井真理子)の"洗骨"のために、4 年ぶりに故郷・粟国島に戻ってきた。実家には、剛の父・信綱(奥田瑛二)がひとりで住んでいる。生活は荒れており、恵美子の死をきっかけにやめたはずのお酒も隠れて飲んでいる始末。そこへ、名古屋で美容師として活躍している長女・優子(水崎綾女)も帰って来るが、優子の様子に家族一同驚きを隠せない。様々な人生の苦労とそれぞれの思いを抱え、家族が一つになるはずの"洗骨"の儀式まであと数日、果たして 彼らは家族の絆を取り戻せるのだろうか?

★『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』と2本立て上映

監督・脚本
:照屋年之
出演者
:奥田瑛二、筒井道隆、水崎綾女、大島蓉子、坂本あきら
製作
:藤原寛、小西啓介
製作総指揮
:白岩久弥