上映作品

人面魚 THE DEVIL FISHTHE TAG-ALONE Devil Fish

  • 2019金馬奨 ビジュアルエフェクト賞ノミネート、2019台北映画祭 最優秀編集賞

一覧で表示

本当にあった恐怖の物語。

※自主規制PG12相当

監督
:デビッド・ジュアン
脚本
:シー・ケン・チェン リン・ファン・スー
出演
:ビビアン・スー、レクセン・チェン

INTRODUCTION

ヤ―フェイ(ビビアン・スー)の息子、ジャハオは霊媒師の家に忍び込んで、秘かに儀式を撮影しようとした。その時、魚の死体から稚魚が出現しているのを見つける・・・。

2015年の台湾ホラー映画【紅い服の少女】(紅衣小女孩チェン・ウェイハオ監督)は都市伝説の紅い服を着た少女の怪奇事件を題材にして興収8,500万台湾元(3億超)のヒットを記録した。続く2017年の第二弾【紅い服の少女2】でも前作を超える大ヒットを記録。台湾の都市伝説をベースに親子の絆と恐怖を描くシリーズの特別編という位置付けの本作も、監督に新鋭デビット・ジュアンがメガホンを撮り、主演にビビアン・スーを迎え本国で年間興行成績第4位という成績を収めた。新たに台湾の民話でもある、人の顔をした呪われた“魚”の恐怖を圧倒的な視覚効果と、演出で観客を恐怖のどん底に陥れる。2019年金馬奨ビジュアルエフェクト部門ノミネート、台北映画祭でも最優秀編集賞を受賞した。
 
 

STORY

家族全員が父親によって殺された邸宅に、悪霊が憑りついていた。悪魔払いの依頼を受けた霊媒師のリン(レクセン・チェン)は、その邪悪な悪魔を魚の体内に閉じ込めた。一方、離婚問題に苦しんでいるシングルマザーのヤーフェイ(ビビアン・スー)の息子ジャハオは母親を元気付けるためビデオコンテストに応募して、旅行を母親にプレゼントしようとしていた。ジャハオは悪魔払いの儀式を秘かに録画しようと忍び込んだ先で、魚の死体から稚魚が出現しているのを見つける。彼はその小さな魚を持ち帰り、自宅の水槽に入れた・・・・。