上映作品

デビルズ・ソナタTHE SONATA

その楽譜の謎を解いては“いけない”――

監督・脚本
:アンドリュー・デズモンド
脚本
:アーサー・モリン
出演
:フレイヤ・ティングリー、ルトガー・ハウアー

INTRODUCTION

非業の死を遂げた作曲家が娘に遺した楽譜。そこには血塗られた秘密が隠されていた――。

『ブレードランナー』のレプリカント役などで強烈な印象を残し、2019年7月19日に75歳でこの世を去った個性派俳優ルトガー・ハウアー。本作では主人公の父、謎めいた作曲家マーロウを演じており、その唯一無二の存在感を十分に発揮している。また、主人公の天才ヴァイオリニスト・ローズを演じた『ジャージー・ボーイズ』のフレイヤ・ティングリーは、新生ホラークイーン誕生とばかりに美しい顔を歪めてのスクリームフェイスを披露している。楽譜に記されたシンボル、古めかしい屋敷、村から消えた子どもたち…。果たして楽譜に隠された血塗られた謎とは――。脈々と続くゴシック・ホラーのジャンルに新たな傑作が誕生した。
 
 

STORY

将来を嘱望される若き天才女性ヴァイオリニスト・ローズのもとに幼い頃に生き別れた父の訃報が届く。彼女の父はかつて一世を風靡しながら突然姿を消した著名な作曲家マーロウだと分かり、ローズは遺産を整理するためにフランスの田舎町にひっそりと残された古めかしい屋敷を訪れる。そこには父が死ぬ間際に作曲していた「バイオリンソナタ 作品54」と題した楽譜が残されていた。ところが楽譜には幾つもの謎のシンボルが記されており、ローズは屋敷の中で“何か”の存在を感じるようになる。ローズはマネージャーのチャールズと共に楽譜の謎を解き明かしていくが、そこには血塗られた秘密が隠されていた――