上映作品

  • Home
  • 上映作品
  • アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画

アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画

119分・80分・79分 フランス

映画を愛し、人生を愛し、生涯現役を貫いたフランス人監督 アニエス・ヴァルダが遺した、宝石のような映画たち。

・アニエスによるヴァルダ(2019年/119分)
・ラ・ポワント・クールト(1954年/80分)
・ダゲール街の人々(1975年/79分)

2019年3月29日、映画史にその名を刻む女性監督アニエス・ヴァルダがパリの自宅で永眠した。享年90歳。前月にはベルリン映画祭の公式上映で元気な姿を見せたばかりで、突然の訃報だった。遺作となった『アニエスによるヴァルダ』は60年以上に渡る創作の歴史を、自ら語り尽くすセルフ・ポートレイト。そのチャーミングな人柄と、時代をけん引してきた力強さに、心揺さぶられるドキュメンタリーだ。
本作の公開に際して、ヌーヴェルヴァーグ誕生前夜の伝説的劇映画デビュー作『ラ・ポワント・クールト』、事務所兼自宅を構えるパリ14区の商店街を点描したドキュメンタリーの傑作『ダゲール街の人々』も本邦初公開。

監督
:アニエス・ヴェルダ

上映スケジュール(購入)

大阪府