上映作品

パリの恋人たちA FAITHFUL MAN

PG12 75分 フランス

女と男と女の絡み合った糸の結末は?

ジャーナリストのアベル(ルイ・ガレル)は、3年近く同居している恋人のマリアンヌ(レティシア・カスタ)から、「妊娠したの」と告げられ喜ぶが、「あなたじゃない」のまさかの一言で別れることになる。よりによって相手はアベルの友達のポールで、彼の家族にも祝福され、二人は結婚するという。

数年後、ポールの訃報が届く。彼の告別式で再会したマリアンヌの傍らには、息子のジョゼフがいた。悲しみに沈むマリアンヌの姿を見て、アベルは彼女への想いが消えていないことに気づくのだった。そんなアベルを食い入るように見つめているのは、ポールの妹のエヴ(リリー=ローズ・デップ)だ。少女の頃からアベルに夢中なイヴも、すっかり成長していた。
2週間後、マリアンヌからの電話を受け取り、食事に出かけたアベルは、「もう一度、一緒に暮らすのはどう?」という提案を、まだ早すぎると飲み込み、外務省の広報アドバイザーをしているというマリアンヌの話に聞き入る。帰り道でマリアンヌのアパルトマンに立ち寄ると、ジョゼフがアベルに「ママがパパを殺した」と耳打ちする。毒殺したけれど、ママが医師と浮気して、もみ消したというのだ。
子供の気まぐれな嘘だと信じようとしたが、疑惑の念は消しきれず、医師を訪ねるアベル。友人のポールが、なぜ死んだかと気になってというアベルの質問に、「睡眠中の心臓マヒです」と答える医師は、かなり胡散臭い男で、何かを隠しているようにも見えた。

ある夜、マリアンヌとジョゼフと3人で映画を観た帰り、アベルはマリアンヌのアパルトマンに泊まり、そのまま同居することになる。だが、母親を取られたと思ったジョゼフは反抗的で、アベルも一度は捨てられたわだかまりが消えたわけではなく、3人の間には微妙な緊張感が漂っていた。そんな中、マリアンヌがなぜポールを選んだか、耳を疑う理由を打ち明ける。
互いの本心を探り合うアベルとマリアンヌに、いきなり嵐が降りかかる。エヴがマリアンヌには「アベルが欲しい。愛してないでしょ?」と詰め寄り、アベルにも「私にはあなた以外の男は存在しない」と告白したのだ。もし断ったら、「戦争よ」とエヴに宣言されたマリアンヌは、アベルに驚くべき"提案"をするのだが──。

監督・脚本
:ルイ・ガレル
出演
:レティシア・カスタ、リリー=ローズ・デップ、ジョゼフ・エンゲル、ルイ・ガレル


上映スケジュール(購入)

大阪府