上映作品

ストレンジ・アフェアStrange But True

真実って、どこか奇妙

「ラ・ラ・ランド」のスタッフが贈る異色スリラー。フィリップの兄の事故死から5年、家族の元に兄の恋人メリッサが突然現れ兄の子供を授かったと言う。果たして真実は−−

監督
:ローワン・アターレ
脚本
:エリック・ガルシア、ジョン・サールズ
出演者
:ニック・ロビンソン、マーガレット・クアリー、エイミー・ライアン、グレッグ・キニア

「ラ・ラ・ランド」のプロデューサーが贈る、異色のスリラーが誕生。あなたもこの”奇妙な真実”に翻弄される。
家族を引き裂いたフィリップ(ニック・ロビンソン)の兄ロニーの事故死から5年が経ち、彼はニューヨーク州北部で母親シャーリーン(エイミー・ライアン)と暮らしている。ロニーの元恋人メリッサ(マーガレット・クアリー)が妊娠して家族の前に現れたことにより過去の傷は再び開くことになる。彼女はなんとロニーの子供を授かったと信じていた。シャーリーンは怒り、フィリップは可能性を示唆して詮索を始めるが・・・。果たしてメリッサは本当にロニーの子を授かっているのか。しかし“真実”はもっと背筋の凍るようなものであった・・・。
ハリウッドの若手超新星ニック・ロビンソン(『ジュラシック・ワールド』)とマーガレット・クアリー(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)による異色のスリラーが誕生。名優エイミー・ライアン(『ビューティフル・ボーイ』)やグレッグ・キニア(『リトル・ミス・サンシャイン』)が脇を固め、不可解で謎めいたストーリーに深みを持たせている。監督は『リヴォルト』などの脚本を務め本作が監督デビューとなるローワン・アターレ。マイケル・ベイが製作総指揮、シルヴェスター・スタローンの新作アクション映画『リトル・アメリカ』の監督にも抜擢され注目が高まっている。