上映作品

【邦画大忘年会2020夏】麻雀放浪記2020

【ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン!】―――――

昭和の大小説家・阿佐田哲也の魂と共に問う
原案は言わずと知れた昭和の大傑作「麻雀放浪記」。かつて和田誠監督にも映画化され、今や250万部を超える大ベストセラー。戦後のアウトローを活写したそのスピリットを受け継ぎながらも、『麻雀放浪記2020』は唯一無二の娯楽エンタテインメントへと独自のとんでもない進化を遂げた。
今を生きる私たちは本当に"自由"なの?一世一代の大イベント東京■■■ピック2020を控えた平成最後の春、どんな過去も未来も、永遠に変わらない自由への渇望が、時にシニカルでブラックな笑いと共に、感動的に迫る。すべてにおいて、既成概念を破壊する新時代の日本映画が始まる。
狂っているのは時代か?俺か?平成最後の4月、あなたは途轍もない驚きの未来へと入っていく!
【そだねー!?】

主人公・坊や哲がいるのは、2020年の"未来"。
なぜ?人口は減少し、労働AI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている...。そしてそこは"東京オリンピック"が中止となった未来だった... 嘘か?真か!?
1945年の"戦後"からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。
その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム"麻雀"での死闘とは!?

監督
:白石和彌
原案
:阿佐田哲也(文春文庫刊)
キャスト
:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、小松政夫、岡崎体育 / 竹中直人