上映作品

セブンソード 修羅王の覚醒七剣下天山之修羅眼

中国No.1を獲得した本格ワイヤー武侠アクション!

ヴェネチア国際映画祭のオープニングも務めた「セブンソード」の最新作!幾度も映像化されてきた中国の古典『七剣下天山』を、最先端のVFXと、高度なワイヤーアクションにより圧倒的なスケール感と、猛烈なスピード感を加え描いた全く新しい武侠アクション!本国・中国で配信されると大いに話題となり、並みいる大作を抑え1位を奪取した超人気作!

時は1644年。天下を自由に操れる秘宝『秘修羅魔眼』に、朝廷の闇組織である<神調門>の魔手が迫っているという密書が届く。天山七剣の1振りである青干剣を授かった楊雲驄は、秘密の洞窟・修羅墓に隠された『秘修羅魔眼』奪還に向かう。しかし楊雲驄は、女性剣士・幽冥魔姫を前に敗北。修羅魔眼は悪の手に堕ち、修羅王が覚醒してしまう...。瀕死の楊雲驄は、魯王軍の兵士・穆郎に産まれたばかりの娘・易蘭珠を託し、天山に向かうよう伝え絶命した。時は流れ16年後。地上では、朝廷の禁武令に乗じ、<神調門>が暴虐の限りを尽くし武荘で暴れていた。天山五剣を揃えた修羅王は残りの2振りである、青干剣と游龍剣の行方を血眼で探している。天山の剣士・凌未風と若き十六歳の女弟子の易蘭珠は命を受け、<神調門>の標的となった武荘救出に向かう。2人の手には、青干剣と游龍剣が携えられていた。今、十六年前の因縁の戦いが始まる...!

監督
:フランシス・ナム
脚本
:スー・ユエ・ニェン
出演
:チャン・チゥオ・ウェン、チェン・ヂィエ、アンヅゥイー、チァン・ハオ