上映作品

フィールズ・グッド・マンFeels Good Man

  • 『サンダンス映画祭2020』審査員特別賞新人賞

こんなカエルに誰がした!?

『サンダンス映画祭2020』審査員特別賞新人賞を受賞した同作は、マット・フューリーの漫画『Boy's Club』の主人公である「カエルのぺぺ」が辿る数奇な運命と社会の今を、アニメーションを織り交ぜて描き出したドキュメンタリー作品。ぺぺが人種差別的なイメージと共にネットミームとして改変、拡散され、名誉毀損防止同盟からヘイトシンボルとして正式認定されてしまう様や、マット・フューリーがぺぺのイメージを奪還するために乗り出す姿が写し出される。原題は『Feels Good Man』で、ぺぺが『Boy's Club』で放ったセリフでもある。

メガホンを取ったのは、マットを助けるために『フィールズ・グッド・マン』を制作したというアーサー・ジョーンズ。ジョルジオ・アンジェリーニ、アーロン・ウィッケンデンと共に脚本を手掛けた。出演者はマット・フューリー、ジョン・マイケル・グリア、リサ・ハナウォルト、スーザン・ブラックモア、サマンサ・ビー、アレックス・ジョーンズ、カエルのぺぺ、ジョニー・ライアンら。

監督・脚本
:アーサー・ジョーンズ
出演
:マット・フューリー、ジョン・マイケル・グリア、リサ・ハナウォルト、スーザン・ブラックモア、アレックス・ジョーンズ、ジョニー・ライアン、カエルのぺぺ
撮影・脚本
:ジョルジオ・アンジェリーニ
編集・脚本
:アーロン・ウィッケンデン