上映作品

リフレクションVidblysk

126分 ウクライナ

  • 2021年ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門選出

この傷は、いつか癒えるのだろうか?

ベネチア国際映画祭や東京国際映画祭で受賞を果たした「アトランティス」などで世界から注目されるウクライナの俊英バレンチヌ・バシャノビチ監督が、2014年に始まったロシアによるクリミア侵攻を背景に、戦争と平和、生と死、肉体と魂、そして贖罪など、さまざまなテーマを交えて描いた人間ドラマ。ロシアによるクリミア侵攻が始まった2014年、ウクライナ東部ドンバスの戦線で捕虜となり、悪夢のような非人道的な行為を経験した従軍医師のセルヒーが、首都キーウの街に帰還した後、失われた日常を取り戻そうと苦闘する姿を、娘のポリーナとの触れ合いを軸にして描いていく。第78回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門出品。

監督・脚本・製作
:バレンチヌ・バシャノビチ
出演者
:ロマン・ラツキー、ニカ・ミスリツカ、アンドリー・リマルク


上映スケジュール(購入)

大阪府

兵庫県