近日上映作品

Shirley シャーリイShirley

7 / 5 [金] 公開

PG12 107分 アメリカ

  • 2020年 サンダンス映画祭 審査員特別賞受賞&審査員大賞 ノミネート
  • 2020年 ベルリン国際映画祭 エンカウンターズ部門&テディ賞 ノミネート

一覧で表示

現実と虚構が交錯する、幻惑の心理サスペンス

1948年、『ニューヨーカー』誌上に発表した短編『くじ』が一大センセーションを巻き起こした後、新しい長編小説に取り組んでいたシャーリイ(エリザベス・モス)はスランプから抜け出せずにいた。着想の元になったのは、ベニントン大学に通う18歳の少女・ポーラが突如として消息を絶った未解決の失踪事件。部屋に引きこもってばかりいるシャーリイの状況を変えようと、大学教授である夫のスタンリー(マイケル・スタールバーグ)は、バーモント州の学園都市へ移住を計画している助手のフレッド(ローガン・ラーマン)と妻のローズ(オデッサ・ヤング)を居候として呼び寄せる。新居が見つかるまでの間、無料で部屋と食事を提供する代わりに家事や妻の世話をしてほしい----スタンリーに半ば強引に言いくるめられた夫妻は、何も知らずにシャーリイとスタンリーと共同生活を送ることに。他人が家に上がり込むことを毛嫌いしていたシャーリイだったが、ひどい扱いを受けても懲りずに自分の世話を焼くローズを通じて、次第に執筆のインスピレーションを得るようになる。一方、ローズはシャーリイの魔女的なカリスマ性に魅入られ、いつしか二人の間には奇妙な絆が芽生えていく。しかし、この風変わりな家に深入りしてしまった若々しい夫妻は、やがて自分たちの愛の限界を試されることになるのだった......。

監督
:ジョセフィン・デッカー
製作総指揮
:マーティン・スコセッシ
出演
:エリザベス・モス、マイケル・スタールバーグ、ローガン・ラーマン、オデッサ・ヤング