東京テアトル配給作品

ウトヤ島、7月22日Utoya 22. juli

97分 ノルウェー 東京テアトル配給作品

  • 2018年ナショナル・ボード・オブ・レビューNBR表現の自由賞受賞
  • 第68回ベルリン国際映画祭 エキュメニカル審査員賞 スペシャルメンション受賞

一覧で表示

2011年、7月22日。ノルウェー連続テロ事件。
ウトヤ島での無差別銃乱射事件の一部始終を、リアルタイムの72分間ワンカットで映像化。

2011年7月22日。治安が安定した北欧の福祉国家ノルウェーが、悪夢のような惨劇に襲われた。
午後3時17分、首都オスロ政府庁舎爆破事件により8人が死亡。さらに午後5時過ぎ、オスロから40キロ離れたウトヤ島で銃乱射事件が発生。ノルウェーが労働党青年部のサマーキャンプに参加していた十代の若者たちなど69人が殺害された。
犯人はたった一人。当時32歳のノルウェー人、アンネシュ・ベーリング・ブレイビク。
単独犯の事件としては史上最多となる77人もの命が奪われたこのテロは、ノルウェーにおける戦後最悪の大惨事となったが、日本での報道は限定的なものにとどまり、事件の全容を知る者は極めて少ない。

監督
:エリック・ポッペ