上映作品

  • Home
  • 上映作品
  • ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画作家(シネアスト)

ジャン=リュック・ゴダール 反逆の映画作家(シネアスト)Godard seul le cinema

PG12 100分 フランス

  • 2022年 第79回ヴェネツィア国際映画祭オフィシャルセレクション

20世紀映画界の伝説ジャン=リュック・ゴダールの肖像

フランス映画界で革新的なヌーヴェル・ヴァーグを先導し、20世紀で最も重要な映画作家の一人と称されたジャン=リュック・ゴダール。2022年9月13日、91歳で自らこの世を去る直前、第79回ヴェネツィア国際映画祭のノンフィクション・クラシック部門で上映されたドキュメンタリー『GODARD CINEMA(英題)』は、映画史における伝説であり、謎に包まれたゴダールの作家人生を紐解くドキュメンタリーだ。監督、編集には、ドキュメンタリーの編集を数多く手掛けてきたフランスの映画監督シリル・ルティ。『勝手にしやがれ』(60)から『軽蔑』(63)、『気狂いピエロ』(65)、そして「ジガ・ヴェルトフ集団」時代から『ゴダールの映画史』(88-98)まで、ゴダールの作品の豊富な映像の数々、家族や友人、元パートナーたちによる証言をはじめ、女優マーシャ・メリル、ジュリー・デルピー、ナタリー・バイ、ハンナ・シグラ、映画監督ロマン・グーピル、批判家のティエリー・ジュスら豪華な出演陣による新たなインタビューまで、貴重な映像で構成される。91年の生涯で140本以上の映画を製作したゴダールは、映画そのもの、その神髄であり、憎まれながら、同時に崇拝されてきた。有名人であり、謎に包まれた男でもある。彼のオーラはどこからやって来るのだろうか?あらゆる可能性の道を歩んできたゴダールの旅程は、ただひとつ、自分の芸術を常に更新し続けることだった。たゆまぬ自己改革を行い、避けがたく自己破壊に向かっていく、この芸術家の肖像を通して、時に戯画化された神話のクリシェを越えて、見かけよりも感傷的で、自らの芸術に宿り、時に凌駕された男に出会うことができるだろう。なぜならゴダールは、思考し、イメージを生み出すだけの機械ではなく、肉であり、血であり、感情を持った人間なのだから。

監督
:シリル・ルティ
キャスト
:マーシャ・メリル、ティエリー・ジュス、アラン・ベルガラ、マリナ・ブラディ


上映スケジュール(購入)

大阪府

兵庫県