東京テアトル制作作品

ディストラクション・ベイビーズ

R15+ 108分 日本 東京テアトル制作作品 東京テアトル配給作品

  • 第69回ロカルノ国際映画祭 新進監督コンペティション部門・最優秀新進監督賞(真利子哲也)
  • 第38回ナント三大陸映画祭(2016年)銀の気球賞(準グランプリ)
  • 第8回TAMA映画賞 特別賞(真利子哲也と柳楽優弥およびスタッフ・キャスト一同)、最優秀新進男優賞(村上虹郎)、最優秀新進女優賞(小松菜奈)
  • 第38回ヨコハマ映画祭 森田芳光メモリアル新人監督賞(真利子哲也)、撮影賞(佐々木靖之)、主演男優賞(柳楽優弥)、助演男優賞(菅田将暉)、最優秀新人賞(小松菜奈)、最優秀新人賞(村上虹郎)
  • 第90回キネマ旬報ベスト・テン 主演男優賞(柳楽優弥)、新人女優賞(小松菜奈)、新人男優賞(村上虹郎)

一覧で表示

ほとばしる 剥き出しの魂
日本映画史上もっとも過激な108分
柳楽優弥×菅田将暉×小松菜奈×村上虹郎が挑む衝撃作!

監督
:真利子哲也
脚本
:真利子哲也・喜安浩平
出演者
:柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、池松壮亮、でんでん
配給
:東京テアトル

<東京テアトル70周年記念作品>

STORY

松山の裏路地、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食らいつく芦原泰良。 彼に興味を持った北原裕也が「おもしろいことしようや。」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と市外へ向かう。その頃、泰良の弟・将太は自分をおいて消えた兄を探しに市内へとやってきていた―。

INTRODUCTION

監督には国内外から圧倒的注目を浴びる新鋭 真利子哲也。脚本を手掛けるのは『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞優秀賞を受賞し、若い世代の感情の揺らぎを掬いとる名手 喜安浩平が担当。
主人公を演じるのは、唯一無二の存在感を放ち続ける柳楽優弥。泰良に近づく若者・北原裕也に、多数の話題作に出演し変幻自在の活躍を見せる菅田将暉。巻き込まれる少女・那奈に、女優・モデルと垣根を越えた活躍をみせる小松菜奈。姿を消した兄・泰良を探す弟・将太に、デビュー以降進化し続ける村上虹郎。更に池松壮亮、でんでんと世界が注目する新鋭監督のもとに注目の俳優たちが集結した。

観る者に得も言われぬ新たな感情を呼び覚ます青春映画の誕生!!