東京テアトル配給作品

日日是好日

日本 東京テアトル配給作品

「人間はどんな日だって楽しむことが出来る。そして人間は、そのことに気付く絶好のチャンスの連続の中で生きている。」

監督・脚本
:大森立嗣
原作
:森下典子
出演者
:黒木華 、樹木希林、多部未華子

STORY

大学生の典子は、母親から「あんた、お茶習ったら」と突然すすめられる。意味がわからず、困惑する典子。嫌々ながらも従妹の美智子の一押しもあり、共に自宅近くにある茶道教室の先生を訪ねる。その先生は巷で「タダモノじゃない」と噂の、武田のおばさんだった…。

INTRODUCTION

原作『日日是好日』―「お茶」がくれた15のしあわせ』は著者・森下典子が街の茶道教室に通い続けた約25年に渡る日々を綴ったエッセイ。

就職につまずき、失恋や大切な人の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。季節を五感で味わう歓び。そして「いま、生きている!」その実感に迫る、感動のドラマが誕生する。