上映中作品

ミッシングmissing

119分 日本

失くしたのは、心でした。
愛する娘が失踪した—。これは壊れた世界の中で、光を見つける<わたしたち>の物語。

常に観客に衝撃を与え、想像力を刺激する作品を発表し続ける𠮷田恵輔が、
雑音溢れる世の中を生きるわたしたちが抱える問題をえぐり出し、
失ってしまった大切なものを取り戻していく人々の姿を、リアルにかつ繊細に描いた感動作。
主演は、出産を経て母となった石原さとみが「今だからできた」と語り、
これまでのイメージを一新させる新境地に体当たりで挑んだ。

出演
:石原さとみ、中村倫也、青木崇高、森優作、小野花梨、細川岳、柳憂怜、美保純、ほか
監督・脚本
:𠮷田恵輔
音楽
:世武裕子

とある街で起きた幼女の失踪事件。
あらゆる手を尽くすも、見つからないまま3 ヶ月が過ぎていた。
娘・美羽の帰りを待ち続けるも少しずつ世間の関心が薄れていくことに焦る母・沙織里は、
夫・豊との温度差から、夫婦喧嘩が絶えない。
唯一取材を続けてくれる地元テレビ局の記者・砂田を頼る日々だった。
そんな中、娘の失踪時に沙織里が推しのアイドルのライブに足を運んでいたことが知られると、
ネット上で“育児放棄の母”と誹謗中傷の標的となってしまう。
世の中に溢れる欺瞞や好奇の目に晒され続けたことで
沙織里の言動は次第に過剰になり、
いつしかメディアが求める“悲劇の母”を演じてしまうほど、心を失くしていく。
一方、砂田には局上層部の意向で視聴率獲得の為に、
沙織里や、沙織里の弟・圭吾に対する世間の関心を煽るような取材の指示が下ってしまう。
それでも沙織里は「ただただ、娘に会いたい」という一心で、世の中にすがり続ける。
その先にある、光に—