近日上映作品

キラー・ナマケモノSlotherhouse

4 / 26 [金] 公開

93分 アメリカ

“クマ”の次は、“ヤツ”だ。
映画史上、最高にキュートな殺人アニマル。爆誕。

中央アメリカ、パナマの密林。のんびり木の葉をつまんでいたナマケモノに、突然ワニが襲いかかる。ひきずりこまれた河からからくも生還するが、密猟者に麻酔銃を打たれ、捕獲されてしまう。密林から連れ去られるナマケモノ。その後には、3本の爪で仕留められたワニの死体が残されていた......。

大学の女子社交クラブ(ソロリティ)「シグマ・ラムダ・シータ」に所属するエミリー(リサ・アムバラヴァナー)は、大学4年の最後の年になっても地味でハネない学生生活に焦りを感じていた。母親も同じソロリティに属して寮の会長まで務めたというのに、現会長で女王さま気取りのブリアナ(シドニー・クレイヴン)の華やかなSNSを指を加えて眺めている毎日。親友のマディソン(オリヴィア・ロワイヤー)は「そのままでいい」と元気づけてくれるが、「フォロワーも友だちも欲しい!」という思いは強まるばかりだ。

エミリーはショッピングモールでペット業者の男オリヴァー(ステファン・カピシック)と知り合う。男はエキゾチックな珍しい動物を扱っており、エミリーの心を見透かしたように、人気者になりたいならナマケモノを飼わないかと持ちかける。一旦は断ったエミリーだが、寮母のミス・メイフラワー(ティフ・スティーヴンス)に背中を押され、会長選挙の人気取りのためにナマケモノを買いに行く。

しかしオリヴァーの家はもぬけの殻だった。実は前夜のうちにオリヴァーはナマケモノに殺されていたのだ。家の中でナマケモノを見つけたエミリーは思わず寮に連れ帰ってしまう。寮生たちはたちまちキュートなナマケモノに夢中になり、エミリーは寮のマスコットにしようと提案。ブリアナの反対を押し切って投票が行われ、「アルファ」と名付けられたナマケモノは晴れて寮で飼われることになった。

勢いづいたエミリーは会長選挙への立候補を表明。前人未到の三年連続当選を狙うブリアナは、子分のサラ(サッター・ノーラン)に命じてアルファを寮から追い出そうとする。しかし捨てられたはずのアルファは自力で寮に舞い戻り、サラを血祭りに上げる。

行方不明になったサラのことは脇において、選挙キャンペーンで盛り上がるシグマ・ラムダ・シータの女子大生たち。アルファ人気が追い風となり、エミリーはブリアナに迫る有力候補へと躍進するが、アルファもまた、"寮の女王"の座を狙うようになっていた......。

監督・脚本
:マシュー・グッドヒュー
出演
:リサ・アンバラバナール、シドニー・クレイヴン、オリビア・ルーリエ