上映中作品

アンゼルム "傷ついた世界"の芸術家

93分 ドイツ

名匠ヴィム・ヴェンダース監督が描く脅威の立体ワールド
戦後ドイツ最大の芸術家アンゼルム・キーファーのすべて!

戦後ドイツを代表する芸術家であり、ドイツの暗黒の歴史を主題とした作品群で知られるアンゼルム・キーファーの生涯と、その現在を追ったドキュメンタリー。監督は『PERFECT DAYS』(23)で第76回カンヌ国際映画祭 主演俳優賞(役所広司)を受賞し、第96回アカデミー賞🄬国際長編映画賞にノミネートされたことも記憶に新しい、ドイツの名匠ヴィム・ヴェンダース。

アンゼルム・キーファーは、ナチスや戦争、神話などのテーマを、絵画、彫刻、建築など多彩な表現で壮大な世界を創造する、戦後ドイツを代表する芸術家。1991年、高松宮殿下記念世界文化賞・絵画部門を受賞。ヴェンダース監督と同じ、1945年生まれであり、初期の作品の中には、戦後ナチスの暗い歴史に目を背けようとする世論に反し、ナチス式の敬礼を揶揄する作品を作るなど"タブー"に挑戦する作家として美術界の反発を生みながらも注目を浴びる存在となった。1992年からは、フランスに拠点を移し、わらや生地を用いて、歴史、哲学、詩、聖書の世界を創作している。彼の作品に一貫しているのは戦後ドイツ、そして死に向き合ってきたことであり、"傷ついたもの"への鎮魂を捧げ続けている。

監督
:ヴィム・ヴェンダース
出演
:アンゼルム・キーファー ダニエル・キーファー アントン・ヴェンダース

■鑑賞料金

通常料金に加え3D料金400円(メガネ代を含む)をいただきます。
※メガネご持参の場合は3D料金300円をいただきます。