上映作品

生きる FROM NAGASAKI

原爆で被爆しながらも今まで生きてきた力とは・・・

本作は、前作「a hope of NAGASAKI 優しい人たち」に続く、長崎被爆者の証言を集めたオーラルヒストリー・ドキュメンタリーの第二作目である。
壮絶な被爆を体験しながら、今も力強く生きている彼ら、彼女らの力とは。
様々な課題で生きる力を削がれていく人々が増える今の世の中に、被爆者の「生きる」力と思いを届けます。

<新たな7名の証言>
1945年8月9日11時2分、広島に続き長崎にも原爆が投下された。
多くの犠牲者が出た惨劇であったが、生存した者たちも多くいる。その惨劇の中で、永井隆と一緒に救護活動を行った者も健在である。
しかし年月とともに彼女にも変化が・・・。

終戦直後、家にアメリカ兵が立ち寄ってきえ、オルガンを弾くように言われ演奏していた少年。毎日のように彼らはやってきて歌うのは「きよしこの夜」だった。いつしか彼らとのコミュニティーが出来上がり、ある将官がついに妹を自分の娘にしたいと。その少年だった武立は、その思いを今に蘇らせるために向かった先は、とある教会である。

いまだに被爆体験を話してこなかった被爆者がいる。風化されつつある原爆の事実が、ある家族のやり取りでも見られた。団らんの中、原爆を知らない親戚に「当事者の気持ちがわからんか!」と叱責したことを思い出す被爆者がいる。

そして「皆に支えられて生きてきた」と言う者も多くいる。差別や偏見がある一方、支え合う人々の思いも存在し、それぞれの生きてきた思いを綴る。

監督
:松本和巳
出演
:武立進一、平山和郎、椿山政子、中村京子、城崎尚道、西村勇夫、中井澄子、北浦キヨ子、井上久子、冨田佳穂
主題歌
:エレジー
:BONNIE PINK


上映スケジュール(購入)

東京都

大阪府