上映作品

潜水艦クルスクの生存者たちKURSK

117分 ルクセンブルク

残されたのは、わずかな酸素と希望だけ──

乗艦員118名を乗せた原子力潜水艦クルスクは軍事演習のため出航するのだが、艦内の魚雷が突然暴発、凄まじい炎が艦内を駆け巡る。次々と命を落とす惨状に直面したミハイルは、爆発が起きた区画の封鎖を指示し、部下と安全な艦尾へ退避を始めるが、艦体は北極海の海底まで沈没し、わずか23名だけが生き残った。
 海中の異変を察知した英国の海軍准将デイビッドは救援を表明するが、ロシア政府は沈没事故の原因は他国船との衝突にあると主張し、軍事機密であるクルスクには近寄らせようとしない。乗組員の命よりも国家の威信を優先する政府の態度に、ターニャたち家族は怒りを露わに抗議する。酸素が徐々に尽きていく中、果たして愛する家族のもとへ帰る事はできるのだろうか──

監督
:トマス・ヴィンターベア
脚本
:ロバート・ロダット
キャスト
:マティアス・スーナールツ、レア・セドゥ、コリン・ファース、マックス・フォン・シドー


上映スケジュール(購入)

東京都