近日上映作品

田辺・弁慶映画祭セレクション2024

9 / 20 [金] 公開

第17回田辺・弁慶映画祭コンペティション部門の受賞作品を一挙公開!

今年も『田辺・弁慶映画祭セレクション2024』の開催が決定しました!
第17回田辺・弁慶映画祭で受賞を果たした若手新人監督にスポットをあて、今回も工夫を凝らしたラインナップで上映いたします!
これからの活躍が期待される注目の若手新人監督の作品を、是非この機会にスクリーンでご覧ください。

【開催期間】
テアトル新宿
2024年8月23日(金)〜9月12日(木)

テアトル梅田(旧シネ・リーブル梅田)
2024年9月20日(金)〜9月26日(木)

【料金】
一般・大専:1,500円/シニア:1,300円
☆その他各種割引、サービスデー適用可
☆キネマ旬報社主催・映画検定1~4級の方、証明書持参で1,300円


まず第一歩を踏み出そう

世界の映画祭、映画賞で高い評価を受けている日本映画ですが、それぞれの監督、プロデューサーたちの最初の一歩は小さなものでした。その小さな一歩を目指す人たちを田辺・ 弁慶映画祭は応援します。映画祭に選出された監督、プロデューサー、俳優などの関係者の方々とは、その年のゲスト審査員の監督やプロデューサーとのミーティングの時間を設けて、映画の作り方だけでなく、どのように映画人として、この世界と向き合っていくかを話し会います。昨年の第17回弁慶映画祭では8作品がファイナル上映に選出され、瑚海みどり監督「99%、いつも曇り」、緑茶麻悠・佐伯龍蔵=共同監督「ロマンチック金銭感覚」、大黒友也監督「ゴミ屑と花」、秋葉美希監督「ラストホール」が受賞しました。その後、 受賞した4作品の監督はじめ関係者とは、テアトル新宿とテアトル梅田で開催される弁慶セレクション上映までの数ヶ月間、我々審査員と、東京テアトルの劇場担当者、宣伝担当者を交え、プロフェッショナルのチラシ、ポスター制作のノウハウ、宣伝方針の立案、その後の劇場配給、さらには海外映画祭への出品について会議を行います。これは毎年恒例の流れですが、受賞者の方々には普通では学べない貴重な経験となっています。ここまで受賞者と関わる映画祭は、他に例は少ないと思います。このように、弁慶映画祭は、情熱をもって映画に向き合う人たちを応援します。やる気のある方々の応募をお待ちしています。一緒に、映画界での活躍を目指しましょう!!

ー掛尾良夫(田辺・弁慶映画祭 プログラミング・ディレクター)

上映作品

 緑茶&佐伯監督DAYS 

20240409121608-537624819d08448f36cef8ea13473a48406f68b3.jpg

『ロマンチック金銭感覚』
★フィルミネーション賞
【上映日程】
テアトル新宿 8/23(金)〜8/27(火)
テアトル梅田 9/20(金)、9/24(火)、9/26(木)

お金ってなんだろう?
映画監督である龍蔵と麻悠は、働けど働けど常にお金がない貧乏監督コンビだ。その理由は売れない自主映画を定期的に作り続けているから。生活費も底を付いたある日、二人は映画作りには避けて通れない「お金」について考え始める…

監督・脚本・編集 緑茶麻悠、佐伯龍蔵/キャスト:湯山大一郎、傍嶋飛龍、江頭一晃、新井和宏、武井浩三/ 115分
©️まちのレコード

20240409121600-c7460370f468980f3df58d5e07bf465e4e8e29d2.jpg

監督 緑茶麻悠(りょくちゃ まゆ)/佐伯龍蔵(さえき りゅうぞう)

あらゆる社会問題の根源はお金のあり方です。
格差社会を助長している現実に私たちはとても腹が立っています。
様々な経済圏があっていいし、別の仕組みのお金があってもいいんじゃないか、
そんな希望をもって二人で悩みながら本作を作りました。
今の時代をどう生きるべきか、観客の皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

【プロフィール】
関西在住の映画作家の2人。今までは個々で作品を監督していたが、本作を共同監督作として初めて手掛ける。
過去の作品として佐伯は長編映画「あそびのレンズ」、緑茶は短編映画「wind chime」などがある。

【受賞歴】
東京ドキュメンタリー映画祭2023 長編部門 準グランプリ

 瑚海みどり監督DAYS 

20240409164517-d7653bd28ec91bdb35791a6f9657b70d43bdb8c9.jpg

『99%、いつも曇り』
★弁慶グランプリ/観客賞/俳優賞(瑚海みどり/二階堂智)/読売わいず倶楽部賞
【上映日程】
テアトル新宿 8/28(水)〜8/31(土)
テアトル梅田 9/25(水)

一葉ちゃんは、もう子供は作らないの?
歳を重ね子供は作れないと言う楠木一葉。だが、夫の大地がは子供を欲しがっていた。前向きになれない一葉は、自分がアスペルガー傾向にあることに悩んでいた。ズレる2人。

監督:瑚海みどり/キャスト:瑚海みどり、二階堂智、永楠あゆ美、Ami Ide、KOTA/110分
©️35 Films Parks

20240330121703-9e5167c4ec360688dbe1feb235c578bf71e7eeb1.jpg

監督 瑚海みどり(さんごうみ みどり)

この映画が誰かの心の支えになれたら、そんな嬉しいことはないと思っています。是非、観に来て下さい!

【プロフィール】
俳優、声優として活動中。2020年より映画制作を学ぶ。第34回東京国際映画祭・テイクワン賞では、当初予定されていなかった審査員特別賞が急逮設けられ受賞。

【正式出品】
2023年 第36回東京国際映画祭 Nippon Cinema Now

 大黒友也監督DAYS 

20240330140453-a8452e3bb6021e8c82f7f67f3b3397eb3c410c7b.jpg

『ゴミ屑と花』
★映画.com賞
【上映日程】
テアトル新宿 9/1(日)〜9/5(木)
テアトル梅田 9/21(土)

当たり前過ぎて見えなくなったもの、失いかけていたものを取り戻す。
パイロットを辞め、ゴミ収集の仕事を始めた浩一。
指導員・花と共に深夜のゴミ収集を始める。
ゴミを回収していく中で様々な人の眼差しを受けながらも、ひたむきに働く花に浩一は生き方にある種の『美しさ』を感じる。

監督:大黒友也/キャスト:植木 祥平、花柳 のぞみ、岩本 淳、木村 知貴、ステファニー・アリアン/30分
©️OHGURO FILM

20240408163826-9a0bcbaa24b0bb1d74ffc34d63d5df0cf14bb4da.jpg

『ユウジッ!!』(併映作品)

あと1度しかボクシングができない男が、ボクシングでやり残したことに挑戦する物語。

監督:大黒友也/出演:武田祐一 他キャスト/2024年(初上映)/20分予定
©️OHGURO FILM

20240330140444-545dc13e7885258064b1955d09881838627c160a.jpg

監督 大黒友也(おおぐろ ともや)

同じことを毎日繰り返す日々はつまらないことかもしれません。
しかしその中に当たり前ですが、大切なこともあると思います。
そんなありふれたものを再発見する一日の物語です。

【プロフィール】
1987年愛媛県生まれ。日本映画学校 映像学科〈現 日本映画大学〉を卒業後、演出部として映画業界に入る。日本映画界を牽引する中田秀夫監督、黒沢清監督、三池崇史監督たちの現場で助監督を務め、多数の映画・ドラマに就く。

【受賞歴】
映文連アワード2023 パーソナル・コミュニケーション部門 部門優秀賞受賞
2023年第24回 TAMA NEW WAVE ある視点部門 ノミネート
2023年第21回 うえだ城下町映画祭 柘植靖司賞 受賞
2023年第29回 函館イルミナシオン映画祭 ショートムービーコンペティション観客賞受賞
横浜インディペンデント・フィルム・フェスティバル2023 優秀作品賞受賞

 秋葉美希監督DAYS 

20240330145629-0510c3278a9bab14a4f1bdeb4345f21397560176.jpg

『ラストホール』
★キネマイスター賞
【上映日程】
テアトル新宿 9/6(金)〜9/12(木)
テアトル梅田 9/22(日)、9/23(月・祝)

"忘れられない"を乗せて走る。
父親の死から背を向けて生きてきたダンサーの暖。6年後のある日。踊ることを辞めた暖は故郷からやってきた幼馴染の壮介によって、父の残した一枚のメモを辿る旅へと連れ出され、やがて咀嚼できない思いを飲み込んでいく。

監督:秋葉美希/キャスト:秋葉美希、田中爽一郎、高尾悠希、鈴木卓爾、川瀬陽太/71分
©️PURIE

20240330145633-e3aeb05d0ff7f8b8447c7257f9e1d8afbb2ce6de.jpg

監督 秋葉美希(あきば みつき)

大切な誰かが居なくなってしまった時、それを“乗り越えられない”という
人生を、生き方を、描こうと思いました。

もうこれ以上はきっとない暗い深い闇に落ちてしまったとしても、
忘れられないまま、ただそこに居ればいい。
この作品がそんな誰かの人生に、寄り添える瞬間を産み出すことができたのなら、
それだけで私は充分幸せです。

【プロフィール】
2017年京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)映画学科俳優コース卒業。主な出演作に「退屈な日々にさようならを」/今泉力哉監督、「少女邂逅」/枝優花監督、「赫くなれば其れ」猫目はち監督などがある。映画を中心に活動する俳優であり、本作が初めての長編監督作である。

上映日程

9/20(金)、9/24(火)、9/26(木) 『ロマンチック金銭感覚』
9/25(水) 瑚海みどり監督DAYS『99%、いつも曇り』
9/21(土) 大黒友也監督DAYS『ゴミ屑と花』(併映作品『ユウジッ!!』)
9/22(日)、9/23(月・祝) 秋葉美希監督DAYS『ラストホール』
上映時間は決定次第お知らせいたします。

イベント情報

※詳細が決まり次第お知らせいたします。

チケット販売について

■オンライン購入
各作品 上映2日前0:00(=上映3日前24:00)〜上映開始20分前

※前売券は窓口でのお引き換えのみとなります。
※クレジットカード決済のみ使用可。

■劇場窓口販売
各作品上映2日前の朝OPEN時より

【注意事項】
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
※オンライン販売開始直後はアクセス集中により、購入ページにつながりにくい場合がございます。
※オンライン販売にて先に完売した場合は、窓口でのチケット販売はございません。
※混雑状況等により劇場窓口での販売開始時刻は前後する場合がございます。
※窓口の営業時間は当館開館時刻から最終回上映開始時刻までとなります。
※上映予定、イベントの内容は、予告なく変更または中止になる場合がございます。

前売券情報

『ロマンチック金銭感覚』
『ラストホール』
各1,000円(税込)
※『99%、いつも曇り』『ゴミ屑と花』の前売り券は準備出来次第、販売いたします
※テアトル梅田でのみご利用いただけます。
※オンライン予約ではご利用いただけません。ご鑑賞の際は、劇場窓口にて座席指定券とお引換えください。